TRPG(仮)

群青が消えていく。

2018/10/06 HTML5版公開
URL:
http://www.zeroprog.com/wp-content/uploads/index.html
2018/9/11 TRPG(仮) 開発開始

過去作はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コントローラーはXBOX360のみ対応。DS4ではInputMapperが必要。DS4及びWireless Controller非対応。

BRAHMAN_1_1_1.zip

Input Mapper

Spoiler

2018/9/9 暫定完成版を公開ver_1_1_1   2種類のエンディングまでを実装
2018/8/28 B1Fに移動できるようにした 吽形戦が撤退できない不具合を修正 ver_1_0_1
2018/8/26 湖畔編を再作成 安定性向上 ver_1_0
2018/8/8 レベルアップ時のパラメータ上昇下方修正 ボス討伐後の階段で無限落下する不具合を修正 各種不具合修正 ver_0_3_05
2018/8/7 移動速度を大幅に増加 ロッティングコープスのカードが無限に取れる不具合を修正 宿屋で金がマイナスになる仕様を修正 ver_0_3_04
2018/8/7 バランス調整 初期カード削減 聖剣の加護の効果下方修正 ロッティングコープスが召喚できない不具合修正 ver_0_3_02
2018/8/4 イベント戦闘が発生しない不具合を修正 ver_0_2_10
2018/8/3 肉キャンディのイベント戦闘の不具合を修正
2018/8/3 仲間が死亡したときの挙動修正 山札の表示不具合修正
2018/8/2    戦闘をコントローラーで行えるよう機能追加 各種調整
2018/7/31 システム変更によりガリラヤ湖畔篇公開停止
2018/7/31 ver_0_2_06 宿屋にセーブ機能追加 泊まるを選択したときに自動的にセーブする。宿屋昨日調整 ゲーム開始時にロード処理を実装 宿屋は金が足りなくても泊まれる仕様(所持金はマイナスになる) 戦闘ロード時間短縮

2018/7/28 ver_0_2_05 バランス調整 カード枚数が少なくなった時の不具合修正 戦闘ロード時間短縮
2018/7/27 ver_0_2_04 バランス調整 不具合修正
2018/7/27 ver_0_2_03 バランス調整

2018/7/27 ver_0_2_02 逃亡兵士、自称勇者の剣をとると、白紙カードとしてカードリストに登録される不具合を修正。レベルアップ実装 バランス調整
2018/7/26 ver_0_2_01 ボス戦以外のマップイベントほぼすべてを実装 雑魚戦カードバトルを実行(簡易戦闘は中止 カードバトルはコントローラー未対応) バランス調整予定 カード回復コマンド実装予定
2018/7/20 ver_0_1_16f 二次元同好会部長不具合修正
2018/7/20 ver_0_1_16 ズボンの騎士イベント実装 エンカウントは停止 ワープ実装
2018/7/17 型番命名規則変更 ver_0_1_15 エンカウント一時的に停止 イベント数種盛り込み宿屋の回復については未実装 ワープ実装予定
2018/7/6 ver_1_14 1_13修正 敵のHP攻撃力変化 同じフィールドメッセージが二回目以降でないようにした。ミミックの出現条件変更
2018/7/5 ver_1_13 簡易戦闘盛り込み版 コントローラーをXBOX360のみ対応。DS4ではInputMapperが必要。DS4及びWireless Controller非対応。

Input Mapper
2018/6/29 ver.1_12test ダンジョン簡易戦闘テスト公開
2018/6/20 ADV部分及びスタート画面コントローラー対応(DS4のみ) ver.1_10宝箱イベント ミミックの戦闘を追加
2018/6/12 明度増加 移動のみコントローラー対応(DS4のみ) ver.1_09ct カメラ速度修正 ver.1_09ctf湖畔篇はコントローラー非対応

2018/6/9 歩行速度修正(増加) UI修正 宝箱の当たり判定修正 ver.1_08f

2018/6/9 宝箱のイベントを追加 UI修正 ver.1_08
2018/6/7 地獄篇を分割及び不具合修正、イベント追加のためエンカウント処理をしないデバッグモードに変更 ver.1_06c2 フルスクリーン推奨
2018/6/7 ガリラヤ湖畔篇を分割及び解像度変更 1920×1080 ver 1_g 各種不具合修正 ver.1_01_g 21:33
2018/6/3 画面解像度変更 1920×1080 戦闘2回目以降の戦闘メンバーが表示されない不具合を修正 スタートイベント後ドアが開かなくなるよう修正
2018/6/1 戦闘ロード時間を短縮 ver1.05 構造の問題で湖畔部分を分割予定
2018/5/27 B1Fマップと戦闘を実装 イベントはスタートイベントを除き未実装 ver1.04
2018/5/10 未実装分を実装 バグ修正、UIの改善

2018/5/04 新バトルシステムテスト公開 ver0.1
味方死亡時の効果カードについては未実装
2018/4/20 テストマップ公開停止 本ファイルに組み込み。 地獄篇テストマップにおいてカメラの回転挙動と右下マップの挙動の不具合を修正。ガリラヤ湖畔篇において解像度を上げると起こるUI不具合対策のため、解像度を1280×720に固定(フルスクリーンには対応)同篇ランダ戦でスパーダがパーティにいると生じる不具合を暫定修正。ver.1_03a_d01a_mt02a

2018/4/19 テストマップ 別ファイルとして公開 ver0.5a
2018/4/13 デッキ構築画面追加 ロードシーンにドットアニメ追加 ver1-02b-d01a
2018/3/28 オープニング画面音楽変更、前バージョンセーブフォルダ削除ボタン追加
2018/3/27 地獄門ダンジョンテスト公開 ver1.02a
2018/3/26 ローディングバー修正 オープニング画面構成変更(地獄門は選択不可) ver1.01

2018/3/16 イベント場所のパーティクルエフェクト位置変更 なりそこないバトル遷移中に停止する不具合修正  UIを一部テキストから画像へ変更(戦闘後UI表示が崩れる不具合対処) ロマHP強化 ポーション種類削減とそれに伴うUI変更  ver0.91
2018/3/15 イベント場所のパーティクルエフェクト変更 阿形、吽形戦修正
各種スキルエフェクト不具合修正 ロマ戦後終了する不具合修正
ポーションをボタンで使用できるようUIを修正
エンディング画面を追加(スタート画面に遷移) マーカー不具合修正
経験値テーブルの不具合修正
2018/3/10 3D画面時に若干落下する挙動を修正
スパーダの能力及びパラメータ修正 レベルテーブルのオーバーフロー修正
アリクエストを最初からカウントするよう修正
なりそこないバトル修正
ナイトアーマー性能上方修正 ver0.821
2018/3/9 フルスクリーンスイッチ 画面切り替え時にUI位置が壊れる不具合修正 ver 0.82
2018/3/6 各種不具合修正 イベント後のマップ位置不具合修正 戦闘バランス調整 スキップボタン追加 戦闘不具合修正   ver0.81925
2018/3/4 ADVシーン後の戦闘でアイテムが取得できない不具合修正 ver0.8199241
2018/3/4 ADVシーンでカーソル表示しない不具合修正 ver0.819923
2018/3/4 宿屋イベント追加 召喚カード名変更 カード性能変更 ver0.819922
2018/3/3 宝箱処理不具合修正 ダメージの値が負になったときの不具合修正 戦闘バランス調整 ver0.819921
2018/3/3 宝箱追加 宝箱取得処理追加 ver0.81992
2018/2/28 イベント終了時にイベントマーカー消去
LVUPキャンセル時のUI表示バグ修正 神経UP時のバグ表示 フィールドに香表示 戦闘バランス調整 マップ所持フラグ セーブ項目に追加
2018/2/27 戦闘効果音量修正 ver0.819911
2018/2/27 ボタン効果音量修正 ver0.81991
2018/2/27 ポーションの回復を割合に変更
シーン自体にオープニングスキップボタンを追加 ver0.8199
2018/2/26 組み合わせスキル追加 ver.0.81981
2018/2/26 カード攻撃力修正 カウンター攻撃力修正 ボス戦修正 ver0.8198
2018/2/25 戦闘ロード時間短縮 ver0.8197
2018/2/25 バランス調整 街のMP回復効果音修正 ver0.8196
2018/2/25 起動時の解像度変更 クエスト修正 バランス微調整 ver0.8195
2018/2/24 UI表示不具合修正 セーブロード不具合修正 ver0.819
2018/2/23 セーブ・ロード不具合修正 その他微修正 ver0.816
2018/2/22 セーブ・ロード不具合修正 その他微修正 ver0.815
2018/2/21 シナリオ追加終了 ver0.8 バランス未調整
2018/2/11 微修正 ver0.615
2018/2/11 フルスクリーン対応 ver0.61 ALT+ENTER で切り替え
2018/2/09 街シーン完成 バランス修正 戦闘UI修正 MAP追加 ver0.60
2018/1/25 教会シーン追加 シナリオ微修正 ver0.58
2018/1/25 装備UI修正 宿屋MP回復しなかったのを修正 ver0.575
2018/1/24 店シーン追加 ver0.57
2018/1/22 宿屋シーン追加 ポーション自動販売機追加 ver0.56
2018/1/20 各種カメラ操作修正 UI修正 エンカウント音 敵歩行音追加 ver0.55
2018/1/19 ゲームオーバー処理を暫定修正
2018/1/19 イベント追加 ランダイベント moriイベント ランダ戦 ver0.53
2018/1/15 レーダー追加 主人公死亡処理追加 ver0.52
2018/1/15 イベント追加 敵がすべてアリ人間になったのを修正。OPスキップ処理追加 ver.0.51
2018/1/12 Windows版の配布を開始
2017/12/15 イベント画面でのCtrlメッセージスキップ機能を実装。HTML5版の開発を終了
2017/12/15 HTML5の限界を確認 配布形態を次回から変更
2017/12/15 スタート画面からシーンを連結 ダンジョンエントリー描画を修正
2017/12/12 アリ人間バトルを公開

[collapse]

音楽:クラシック名曲サウンドライブラリー様 魔王魂様 甘茶の音楽工房様
Wingless Seraph様
効果音:くらげ工匠様 びたちー素材館様
http://classical-sound.seesaa.net/
http://www.kurage-kosho.info/
http://www.vita-chi.net/sec/voi/hora/voivoi1.htm
https://wingless-seraph.net/material-music_battle.html

 

引退余命終末ブーム

卓球の福原が引退するという。
引退後の彼女にこの国でのTVの仕事は少ないだろう。
スポーツ選手は一部を除いて数年で引退する。
プロレス以外で酷い負け方をした格闘技選手は引退を余儀なくされる。
医療番組では余命何年というのがブームだ。有名人の死亡記事は数日ネットニュースのトップを飾る。日本に広がる閉塞感は日に日に大きくなっていく。

誰かが国民を元気にする存在になれればよいが、キムタクの次女が話題になっている時点で難しいかもしれない。

 

地上波テレビ・ラジオが終わる2018年

テレビの時代は終わったと前から囁かれていたが、今年で終わるだろう。
テレビの時代は終わったの反論はいつも、高視聴率のドラマとかサッカーがあるとかだ。しかし、実際は15%行けば、大成功となっており、ドラマやサッカーはユーザーが選んだコンテンツの一つに過ぎない。

置くタイプのラジオが平成になくなってきたように、テレビもなくなっていくだろう。そしてスマホに移行する。現在の地上波テレビはボタン数が少なく、広告が極端に多いネットフリックスである。過去放送は自発的に録画する必要があるため、地上波テレビはなくなっていく。テレビの最後は今年の年末番組で見納めで、今後はテレビのようなものに移行していくと思われる。

現在の新聞がおかしくなっていったように、テレビもますますおかしくなっていくだろう。テレビに向かって怒る老人を助長するような構成がとられ、ネット記事も芸能人を炎上させるためのものが増えていくだろう。

大御所と芸人の終り

沢田研二が集客数の少なさから、ライブをドタキャンした。被害額は4000万になる模様。彼は時代の潮流を読み切れず、ファンを裏切り信用を失ってしまった。

最近は一部を除いて、舞台や漫才ライブの箱に人が集まらず、出る側の箱代を回収できないという。
一部の成功者になれなかった人々は苦汁をなめる。現在テレビに出たい芸人は時代に乗り遅れているといっていい。キングコングの梶原はチャンネル登録100万いかなければ芸人を引退するといっているが、Youtuberになったほうが良いと踏んだのであろう。

旧態依然とした漫才やコントは競争率が高すぎる。テレビは50代とファミリー層向けに作られている。尖った面白い笑いはもう受けない現在、何万分の1の売れている芸人を目指すくらいなら宝くじを買った方が良い。

笑えない松本人志をゆるせない話

彼は20数年前は革新的な存在であったが、今はゴリゴリの保守である。
そして古臭い考えから度々炎上する。

主に炎上したのは次の3件。

①ネットカフェ難民は働け。
②ワイドナショーの発言は自己責任。
③パワハラ自殺した少女に死んだら負け。

他に番組に安倍総理を呼んだりもして炎上した。

①、②については言うまでもなく、彼の認識不足。
元々彼は地頭はよくない。①の働けというのはボケだったが、実際に働いているネカフェ難民は全く笑えない。②のワイドナショーの発言は自己責任というのは、乙武の不祥事や三浦瑠璃のスリーパーセル発言も放送した番組出演者は関係ないから、全部ひとりで背負えということか。
③は賛否分かれるのはわかる。生き死には当人が決めることで他人が決めることではないし、生死は個々人の価値観に沿うからである。しかし笑えないのは彼が自分が優しいぞキャラ全開で「死んだら負けやぞ」と言っている点である。料理番組のコントでまな板の上のキャベツかなんかを後ろに投げつけて笑いを取っていた昔の彼を知っているだけに全く面白くない今の彼を私は許せないのである。