BRAHMAN

BRAHMAN_1_09ctf.zip

ガリラヤ湖畔篇
BRAHMAN_1_01_g.zip

2018/6/12 明度増加 移動のみコントローラー対応(DS4のみ) ver.1_09ct カメラ速度修正 ver.1_09ctf
湖畔篇は非対応
2018/6/9 歩行速度修正(増加) UI修正 宝箱の当たり判定修正 ver.1_08f
2018/6/9 宝箱のイベントを追加 UI修正 ver.1_08
2018/6/7 地獄篇を分割及び不具合修正、イベント追加のためエンカウント処理をしないデバッグモードに変更 ver.1_06c2 フルスクリーン推奨
2018/6/7 ガリラヤ湖畔篇を分割及び解像度変更 1920×1080 ver 1_g 各種不具合修正 ver.1_01_g 21:33
2018/6/3 画面解像度変更 1920×1080 戦闘2回目以降の戦闘メンバーが表示されない不具合を修正 スタートイベント後ドアが開かなくなるよう修正

Spoiler

2018/6/1 戦闘ロード時間を短縮 ver1.05 構造の問題で湖畔部分を分割予定
2018/5/27 B1Fマップと戦闘を実装 イベントはスタートイベントを除き未実装 ver1.04
2018/5/10 未実装分を実装 バグ修正、UIの改善

2018/5/04 新バトルシステムテスト公開 ver0.1
味方死亡時の効果カードについては未実装
2018/4/20 テストマップ公開停止 本ファイルに組み込み。 地獄篇テストマップにおいてカメラの回転挙動と右下マップの挙動の不具合を修正。ガリラヤ湖畔篇において解像度を上げると起こるUI不具合対策のため、解像度を1280×720に固定(フルスクリーンには対応)同篇ランダ戦でスパーダがパーティにいると生じる不具合を暫定修正。ver.1_03a_d01a_mt02a

2018/4/19 テストマップ 別ファイルとして公開 ver0.5a
2018/4/13 デッキ構築画面追加 ロードシーンにドットアニメ追加 ver1-02b-d01a
2018/3/28 オープニング画面音楽変更、前バージョンセーブフォルダ削除ボタン追加
2018/3/27 地獄門ダンジョンテスト公開 ver1.02a
2018/3/26 ローディングバー修正 オープニング画面構成変更(地獄門は選択不可) ver1.01

2018/3/16 イベント場所のパーティクルエフェクト位置変更 なりそこないバトル遷移中に停止する不具合修正  UIを一部テキストから画像へ変更(戦闘後UI表示が崩れる不具合対処) ロマHP強化 ポーション種類削減とそれに伴うUI変更  ver0.91
2018/3/15 イベント場所のパーティクルエフェクト変更 阿形、吽形戦修正
各種スキルエフェクト不具合修正 ロマ戦後終了する不具合修正
ポーションをボタンで使用できるようUIを修正
エンディング画面を追加(スタート画面に遷移) マーカー不具合修正
経験値テーブルの不具合修正
2018/3/10 3D画面時に若干落下する挙動を修正
スパーダの能力及びパラメータ修正 レベルテーブルのオーバーフロー修正
アリクエストを最初からカウントするよう修正
なりそこないバトル修正
ナイトアーマー性能上方修正 ver0.821
2018/3/9 フルスクリーンスイッチ 画面切り替え時にUI位置が壊れる不具合修正 ver 0.82
2018/3/6 各種不具合修正 イベント後のマップ位置不具合修正 戦闘バランス調整 スキップボタン追加 戦闘不具合修正   ver0.81925
2018/3/4 ADVシーン後の戦闘でアイテムが取得できない不具合修正 ver0.8199241
2018/3/4 ADVシーンでカーソル表示しない不具合修正 ver0.819923
2018/3/4 宿屋イベント追加 召喚カード名変更 カード性能変更 ver0.819922
2018/3/3 宝箱処理不具合修正 ダメージの値が負になったときの不具合修正 戦闘バランス調整 ver0.819921
2018/3/3 宝箱追加 宝箱取得処理追加 ver0.81992
2018/2/28 イベント終了時にイベントマーカー消去
LVUPキャンセル時のUI表示バグ修正 神経UP時のバグ表示 フィールドに香表示 戦闘バランス調整 マップ所持フラグ セーブ項目に追加
2018/2/27 戦闘効果音量修正 ver0.819911
2018/2/27 ボタン効果音量修正 ver0.81991
2018/2/27 ポーションの回復を割合に変更
シーン自体にオープニングスキップボタンを追加 ver0.8199
2018/2/26 組み合わせスキル追加 ver.0.81981
2018/2/26 カード攻撃力修正 カウンター攻撃力修正 ボス戦修正 ver0.8198
2018/2/25 戦闘ロード時間短縮 ver0.8197
2018/2/25 バランス調整 街のMP回復効果音修正 ver0.8196
2018/2/25 起動時の解像度変更 クエスト修正 バランス微調整 ver0.8195
2018/2/24 UI表示不具合修正 セーブロード不具合修正 ver0.819
2018/2/23 セーブ・ロード不具合修正 その他微修正 ver0.816
2018/2/22 セーブ・ロード不具合修正 その他微修正 ver0.815
2018/2/21 シナリオ追加終了 ver0.8 バランス未調整
2018/2/11 微修正 ver0.615
2018/2/11 フルスクリーン対応 ver0.61 ALT+ENTER で切り替え
2018/2/09 街シーン完成 バランス修正 戦闘UI修正 MAP追加 ver0.60
2018/1/25 教会シーン追加 シナリオ微修正 ver0.58
2018/1/25 装備UI修正 宿屋MP回復しなかったのを修正 ver0.575
2018/1/24 店シーン追加 ver0.57
2018/1/22 宿屋シーン追加 ポーション自動販売機追加 ver0.56
2018/1/20 各種カメラ操作修正 UI修正 エンカウント音 敵歩行音追加 ver0.55
2018/1/19 ゲームオーバー処理を暫定修正
2018/1/19 イベント追加 ランダイベント moriイベント ランダ戦 ver0.53
2018/1/15 レーダー追加 主人公死亡処理追加 ver0.52
2018/1/15 イベント追加 敵がすべてアリ人間になったのを修正。OPスキップ処理追加 ver.0.51
2018/1/12 Windows版の配布を開始
2017/12/15 イベント画面でのCtrlメッセージスキップ機能を実装。HTML5版の開発を終了
2017/12/15 HTML5の限界を確認 配布形態を次回から変更
2017/12/15 スタート画面からシーンを連結 ダンジョンエントリー描画を修正
2017/12/12 アリ人間バトルを公開

[collapse]

音楽:クラシック名曲サウンドライブラリー様 魔王魂様 甘茶の音楽工房様
効果音:くらげ工匠様 びたちー素材感様
http://classical-sound.seesaa.net/
http://www.kurage-kosho.info/
http://www.vita-chi.net/sec/voi/hora/voivoi1.htm

 

ITとはなんだったのか、資本主義と民主主義の相反性

自動車部品の組み立て工場の競争を考えると、工場の生産機械はそれぞれの工場が寡占したほうが得である。全ての工場が同じ機械を使用したら、元々の資本が大きい工場が勝つことになる。システム開発とは発注者である大企業に対して、中小企業が性能の良い機械を開発することであり、貧富の格差を広げる仕事である。

IT企業内では仕事を奪うのがIT企業だとか頭のよさそうなことを言っているが、その実『金持ちをより金持ちにするための小銭稼ぎ』である。ブラックな仕事内容に対して労賃はあまりにも少ない。AIの開発も同様で、夢に描いていたアトムのような未来はなく、アトムの敵側の悪のロボットを大量生産することに他ならない。大企業がもうかる仕組みとはすなわち少数が勝つ仕組みだからである。

このことを突き詰めて考えると、資本主義と民主主義は相反するのではないかという問に立ち戻る。資本を持っているのは少数だが、貧乏人は多数いる。貧乏人の声は大きいが、金持ちのいる高層ビルには届かない。そもそもなぜこんな当たり前のことを学校で教えないのか。民主主義は最悪だが一番ましだという前に、最悪の改善案を考えなければいけない。

参考:民主主義に変わる政治制度はあると思いますか?
三権分立 してない の検索結果

米朝首脳会談

今日12日、米朝首脳会談がシンガボール南部のセントーサ島で行われている。
ワイドショーは金正恩の上げ底ブーツの話題で持ちきりだが、重要なのは金正恩の発言に対してトランプ大統領が握手をしたことだ。
トランプ氏は取引(deal)をすると言っていて、握手をしたということは現在の時点で体面を重んじるアメリカ側からの攻撃はないということだ。

そしてトランプ氏は曖昧な結果を嫌うことで有名だから、核兵器の段階的な破棄などは認めないだろう。北朝鮮の譲歩ともとれる発言を考えれば、アメリカ優位で会談が進むことが考えられる。

ここで拉致被害者委員会がメディアで取り沙汰されている。気の毒だが北朝鮮首脳の立場で考えれば核を取り上げられて、『悪かったです。心を入れ替えます』と言って、貴重なカードである拉致被害者の返還などしないだろう。元々そういう発想がない北朝鮮なだけに日本のメディアによる期待と不安を煽るやり方に怒りを禁じえない。

このあと予想されるのは、ジャイアンの威圧によってのび太が委縮しましたというだけで、スネ夫の利は一つもない結果だけである。
つまり最悪の事態(ミサイルの国土命中)が回避され何も変わらないということである。
この結果によって、日本がアメリカに服従する仕組みが強化され、ドル高市場が安定し、偽りの強い日本感覚の維持が延長されることになる。

追記:合意文書に2人が署名する様子。文書の詳細は不明。

署名後の一枚。非核化と金正恩の安全を条件に北朝鮮はアメリカに支援を受けると思われる。

 

格闘代理戦争#7

推薦選手などいないと思われたマッハの選手が勝った。
マッハはしたたかに強い選手を隠していた。
青木の選手はパウンドにいけず、スタミナが切れため敗けてしまった。
闘争心がマッハの選手のほうが上回った。フィジカルもメンタルも強い良い選手である。
青木に忠誠を誓うのはいいが、勝たないと終わってしまう。
彼は敗けた後一度折れてしまい、再戦はない様子。

青木も執念深く、天心の選手に取り入る模様。
彼なりに自分の選手と自分をプロモーションするために頑張っている。
彼もマッハもヒールを演じているが、実は良心的である。

AIによる嗜好予測の限界


AIで金をとるAI詐欺が流行している。これは一昔前の宇宙詐欺となんら変わりがない。そもそも、深層学習という人間が作ったアルゴリズム(計算方法)を使用しているため、偏りが必ず生じることは、“youtubeのあなたの好きそうな動画”をみればわかるだろう。

youtubeはユーザーの好きそうな動画を羅列しているが、未体験の意表をついた動画はホーム(トップページ)には出てこない。これが現在の深層学習アルゴリズムを使用したAIの限界である。すなわち、視聴した動画に類似する動画を推薦できるが、知らない国の面白い動画はでてこない。面白さという数値では同程度であるはずの動画が出てこないというのが偏りの証明である。

何を屁理屈をこねているのかという方もいるだろう。
言語が違うのだからそんな動画は出てこないし、出ないほうが良いという人もいるだろう。それはそれで一意見としてはよい。

しかし全体がそうかというとそうではない。主に吉野家しか行っていない男性はある時フランス料理やイタリア料理を食べたくなることもあるだろう。
油料理で健康を壊し、野菜を中心とした料理にシフトしたい人もいるだろう。ロックミュージックにあきて、民族音楽を聴きたい人もいるだろう。だが現在のAIはそれができない。なぜならAIは、ある程度精度の高いランダムな推論ができないからである。

入力データ(再生した動画リスト)から、ユーザーの好きそうな動画を探すのだが、おそらくはデータに含まれる顔データに類似した人物が映っている動画や、動画内外の文字列、音声の波形から類似動画を検索しているはずである。

しかし、AIは人間の急な嗜好の変化を予測できない。もっと言えば未来予測ができない。ここまで言えば、AIを使った自己スコアによる投資というのが詐欺というのがわかるだろう。顔面偏差値やスペックといった単語が昔の2chにあったが、それら人間が作った“統計的な”概念よりも“現在のAI”が作った顔面スコアの算出方法はお粗末だろう。

フリースタイルダンジョンの終り

ラップとはこういうのを言うのであって、コンプライアンスを気にしながらの韻の踏み合い罵倒ではない。R指定さんのフリースタイルは殺戮に至る芸術性があったが、今のダンジョンにはない。10万持ってドロップアウトしようとした若者を無理に戦わせ、結局優勝してしまうのならば、スキルどうこうではなく、会場を味方につけた方の勝ちである。つまり、運。今回優勝したMCニガリは、輪入道と鎮座DOPENESSのミックス模倣であり、オリジナルではない。Lick-Gはほんとうに強かったが、今回はモンスターが弱すぎる。審査員はいとうせいこうを除き、場の雰囲気で勝敗を決し、理由は後付けである。番組終了が近いように思える。Lick-Gが番組をやったほうが数字が取れるだろう。地上波ではできないだろうが。