json encode decode php

string json_encode ( mixed $value [, int $options = 0 [, int $depth = 512 ]] )

value を JSON 形式にした文字列を返します。

パラメータ

value

エンコードする値。 resource 型以外の任意の型を指定できます。

すべての文字列データは、UTF-8 エンコードされたいなければいけません。

注意:

PHP の実装は、 » RFC 7159 の JSON のスーパーセットです。

options

JSON_HEX_QUOT, JSON_HEX_TAG, JSON_HEX_AMP, JSON_HEX_APOS, JSON_NUMERIC_CHECK, JSON_PRETTY_PRINT, JSON_UNESCAPED_SLASHES,JSON_FORCE_OBJECT, JSON_PRESERVE_ZERO_FRACTION, JSON_UNESCAPED_UNICODE, JSON_PARTIAL_OUTPUT_ON_ERROR からなるビットマスク。 各定数の意味については JSON 定数のページ に説明があります。

depth

最大の深さを設定します。正の数でなければいけません。

返り値

成功した場合に、JSON エンコードされた文字列を返します。 失敗した場合に FALSE を返します。

例1 json_encode() の例

<?php
$arr = array('a' => 1, 'b' => 2, 'c' => 3, 'd' => 4, 'e' => 5);
echo json_encode($arr);
?>

説明

mixed json_decode ( string $json [, bool $assoc = false [, int $depth = 512 [, int $options = 0 ]]] )

JSON エンコードされた文字列を受け取り、それを PHP の変数に変換します。

パラメータ

json

デコード対象となる json 文字列。

この関数は UTF-8 でエンコードされた文字列でのみ動作します。

注意:

PHP の実装は、 » RFC 7159 の JSON のスーパーセットです。

assoc

TRUE の場合、返されるオブジェクトは連想配列形式になります。

depth

ユーザー指定の再帰の深さ。

options

JSON デコードオプションのビットマスクです。現在サポートされるオプションは JSON_BIGINT_AS_STRING のみです (デフォルトでは、大きな整数値を float に変換します)。

返り値

json でエンコードされたデータを、適切な PHP の型として返します。 truefalse および null はそれぞれ TRUEFALSE そして NULL として返されます。 json のデコードに失敗したり エンコードされたデータが再帰制限を超えているなどの場合、NULL を返します。

例1 json_decode() の例

<?php
$json = '{"a":1,"b":2,"c":3,"d":4,"e":5}';
var_dump(json_decode($json));
var_dump(json_decode($json, true));?>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。