ユング心理学 コンプレックス

ユングの導入した用語であるコンプレックスは日本語の劣等感と同義ではない。当初、コンプレックスという単語は心的複合体と訳された。ユングが1906年に発表した言語連想実験についての著作の中で、「感情によって色付けされたコンプレックス」(gefuühlsbetonter Komplex)という語を用いたのが発端で、のちに簡単にコンプレックスと呼ばれるようになった。コンプレックスの現象の解明は彼にとって非常に重要なものであり、彼は自分の心理学をコンプレックス心理学(komplexen Psycologie)と呼んでいたこともある。

種本とさせていただいている河合隼雄先生のユング心理学入門ではこの段階で連想実験について記述されているが、ここでは割愛させていただく。

コンプレックスは「お礼は決していただかないつもり」を「お礼は決して”いただく”つもり」などのいい間違いなどに現れる、無意識からの障害である。コンプレックスは一つの共通な感情によって、まとまりを持っているが、それは中心となるような核(core)をもっている。もっとも典型的なのが心的外傷(PTSD)である。例えば、自分の父親に性行為をされた女性がいるとすると、この人は耐えがたい経験を無意識の中に抑圧して生きてゆかなければならない。この場合、この経験に伴う恐怖感、嫌悪感もともに抑圧され、そのあと、類似の感情を伴う経験がだんだんとこれ(無意識下の耐え難い経験(core))に吸収されていく。教師にひどく叱られた経験、大きな犬に噛まれそうになった経験が、これに重なっていくかもしれない。それによって、このコンプレックスはより強大になって、自我(後に説明する)の存在をときに、おびやかすものとなる。この人は例えば、馬がむやみに怖くなる恐怖症を発症するかもしれない。馬という外的刺激がこの人のコンプレックスを発火し、それに伴う恐怖感がこの人を襲う。このコンプレックス内に蓄えられた感情が強力であればあるほど、その吸収力もおおきくなり、すこしでも類似性のあるものはひきよせて、コンプレックスは巨大になる。この中核をなすものは、ユングによると、前述したような自我によって受け入れるのが難しかったため抑圧された経験と、その個人の無意識の中に内在していて、いまだかつて意識化されなかったことのない内容との二種類にわけられる。このようにはっきりとわけないにしても、コンプレックスはつねに抑圧された心的外傷の原因を探し求めようとしたり、否定的な意味を常に持たないことを強調したいのがユングの狙いである。ユングとフロイトの意見の相違によるわかれもこの点によるもので、フロイトはコンプレックスの原因を催眠治療や夢分析で解明しようとし、その原因はほぼ性的な欲望の解消によって治療しようとした。フロイトのある種、原始的で麻酔を用いない外科的施術にユングは反対したわけである。(フロイトは心理学の基礎を築いた人間であるため、過度な批判はすべきではない。)