宗教の勧誘と心理テクニック

先日病院をでると、日系ブラジル人の男性に声をかけられた。
その男性は、赤いバラを2本もっていて、こういう。

「あなた、このバラをあげます。一本持てば、あなたの、健康、病気、恋愛、家庭の悩みが全部きえまーす。」

私は笑って相手にしないと、続ける。

「ためしに、持ってください。もってバラを家においてくれればいい。捨ててもいい。バラを持ってから7日間以内に必ず何か変化がおきます。そしてあなたは必ず教会に来ます。」

ああ、こんなくそみてーなバラで、全部お前みたいなやつ、きえたらいいのにな とか思って、ヘッというと、しっぽを出した男性は「ではパンフレットだけでも」と引き下がる。それでも私は笑って、キリスト様がいたら、きっと嘆くだろう。と思った。

この男性は、心理テクニックを数個つかっていて、どれもお粗末なため、笑い話にしかならないが、(普通の人も引っかからないレベルだろう。)一つ一つ解説してみる。

まず、バラを2本だけしかもっていないことに注目してほしい。キリスト教なら、人間全員をもれなく救いたいはずであり、バラの数は2本では絶対に足りないはずである。ではなぜ2本なのか、これは限定品の効果と同じであり、ナイキのバスケットシューズやGショック、お一人様2つまでの半額セールのパンと変わらない効果である。
この心理テクニックをhard to get(手に入れるのが難しい)テクニックと呼称される。

次にバラを持つことを進められる。(ここがお粗末なのだが)
バラを持って7日間以内に何かが起きる、そしたらあなたはキリストを信じるだろう。とする。
7日間、何もおきない可能性は限りなく0に近い、しかも、バラに何らかの仕掛けがあることは明白である。このテクニックはLow Ball Technique とよばれる、最初の要求で取りやすい球をなげて、次の要求で、いきなり変化球をなげるテクニックである。
この男性がお粗末である理由は、バラを街中で持ち、なおかつ持って帰ることは、決して取りやすい球でないからである。しかも、このテクニックは最初の要求が通らないと、次の要求は基本的にはしてはいけない。さらに、最終目的が教会に来る=キリスト教系宗教への入信であることをばらしてしまう。いきなり種明かしをしては、せっかくのバラも効果がない。ここでこの男性はミスをしすぎているため、普通の人でもひっかからないのである。

しかし、フォローをすると、最後の「せめてパンフレットだけでも」は効果的である。私が心理テクニックをしらないお人好しだったら、受け取っていたかもしれない。これは、Door in the face Techniqueと呼ばれる、人間は最初の依頼や要求に対しては自由であるが、最初の要求を断った時点で、罪悪感が生れる。そして、次の低めの要求は割と通ることが多い。(Ex.告白を断った女性が、罪悪感を感じ、その男性の2番目の要求、(心理テクニックからすると本来の要求)、お友達からでもを軽くうけてしまう。)

さらに、私が病院から出てきた時に声をかけたことは、緊張が弛緩した状態を狙った、時機的には最高のタイミングである。私が世界の終わりみたいな不幸そうな顔をしていたのも、男性にとってはカモにみえただろう。わざと、たどたどしい日本語を使って、相手に優越感をあたえようとしているのも(アグネス・チャン)高度な心理テクニックである。

心理戦では、パンツをおろした時をねらうのが一番効果的である。なぜなら、普段のまともな判断能力がないからである。風俗業界でよくある話だ。また、相手が勝ったようにみせかけておいて、実利をこちらが得ることが肝要である。「さすが、お目が高い。あなたにだけ特別この金額で売ります。利益ないですよ。いやまいったな。」というようなやつ(実際は十分思った通りの利益がある)である。

以上、たくさんの心理テクニックが散りばめられていることがわかるが、キリスト教信者ならば、バラなどに頼らずに、隣人愛のみで勝負すべきであり、教会にこさせようとすることなど、本来はしないはずである(キリストは神殿にくることが決して許されなかった、穢れた職業の人間や、病人に対して、歯が浮くような神の教えと食物を与え、病人には感染を恐れず、看病した。神殿や教会は重要視しなかったことは聖書を読めばわかる。)先輩のライブのチケットを売りさばく、ヤンキーとなんら変わらない行為をさせている教会に誰が行くのだろうか。