般若心経入門

般若心経とは”はんにゃしんぎょう”と読む。しんきょうではない。प्रज्ञापारमिताहृदय : Prajñā-pāramitā-hṛdaya、 プラジュニャーパーラミター・フリダヤから来ている。
はんにゃとは、サンスクリット語 प्रज्ञाprajñā,プラジュニャー; パーリ語: पञ्ञाpaññā,パンニャーから来ており、般若の面のような妖怪の意味ではない。般若とは知慧という意味だ。アビダルマでは「慧」 (prajñā) を心の作用として、それは見られる対象を分別し、それが何であるかを決定し、疑心を断じて、そのものを本当に理解する心のはたらきであるとして、それを「簡択」(けんちゃく、簡はえらぶこと・択はきまりをつけること)の作用をもつ心のはたらきとする。この慧によって決断することを「智」 (jñāṇa) という。
波羅蜜多という奇妙な漢字列はpāramitā (パーリ語: पारमि、Pāramī、 パーラミー、サンスクリット語: पारमिता、Pāramitā、 パーラミター)とは、パーリ語やサンスクリット語で「完全であること」、「最高であること」、を意味する語で、仏教における各修行で完遂・獲得・達成されるべきものを指す。到彼岸(とうひがん)、度(ど)等とも訳す。

六波羅蜜(ろくはらみつ、ろっぱらみつ、梵:Ṣatpāramitā)とは、ブッダになりうる資質を獲得するために実践する六つの項目のこと。「六度(ろくど)彼岸」とも呼ばれる。

  1. 布施波羅蜜 – 檀那(だんな、Dāna ダーナ)は、分け与えること。dānaという単語は英語のdonation、givingに相当する。具体的には、財施(喜捨を行なう)・無畏施・法施(仏法について教える)などの布施である。檀と略す場合もある。
  2. 持戒波羅蜜 – 尸羅(しら、Śīla シーラ)は、戒律を守ること。在家の場合は五戒(もしくは八戒)を、出家の場合は律に規定された禁戒を守ることを指す。
  3. 忍辱波羅蜜 – 羼提(せんだい、Kṣānti クシャーンティ)は、耐え忍ぶこと。
  4. 精進波羅蜜 – 毘梨耶(びりや、Vīrya ヴィーリヤ)は、努力すること。
  5. 禅定波羅蜜 – 禅那(ぜんな、Dhyāna ディヤーナ)は、特定の対象に心を集中して、散乱する心を安定させること。
  6. 智慧波羅蜜 – 般若(はんにゃ、Prajñā プラジュニャー)は、諸法に通達する智と断惑証理する慧。前五波羅蜜は、この般若波羅蜜を成就するための手段であるとともに、般若波羅蜜による調御によって成就される。そういえば、六波羅探題というよくわからない鎌倉時代の職があったが、この六波羅蜜からきているかもしれない。

以下は、代表的な流布テキストである。300字程度である。

仏説・摩訶般若波羅蜜多心経
観自在菩薩・行深般若波羅蜜多時、照見五蘊皆空、度一切苦厄。舎利子。色不異空、空不異色、色即是空、空即是色。受・想・行・識・亦復如是。舎利子。是諸法空相、不生不滅、不垢不浄、不増不減。是故空中、無色、無受・想・行・識、無眼・耳・鼻・舌・身・意、無色・声・香・味・触・法。無眼界、乃至、無意識界。無無明・亦無無明尽、乃至、無老死、亦無老死尽。無苦・集・滅・道。無智、亦無得。以無所得故、菩提薩埵、依般若波羅蜜多故、心無罣礙、無罣礙故、無有恐怖、遠離・一切・顛倒夢想、究竟涅槃。三世諸仏、依般若波羅蜜多故、得阿耨多羅三藐三菩提。故知、般若波羅蜜多、是大神呪、是大明呪、是無上呪、是無等等呪、能除一切苦、真実不虚。故説、般若波羅蜜多呪。
即説呪曰、羯諦羯諦、波羅羯諦、波羅僧羯諦、菩提薩婆訶。般若心経

羯諦羯諦、波羅羯諦というのは「羯」は、行きなさいの意、「諦」は、悟りの世界の意。つづく「波羅羯諦」の「波羅」は、修行の意。修行をやって悟りの世界へ行けということである。つまり、自力の修行をしている人が読むお経である。薩婆訶とはソワカであり、真言(マントラ )である。真言はヤバめなので解説は省略する。
色即是空とはこの世の万物は形をもつが、その形は仮のもので、本質は空(くう)であり、不変のものではないという意。空即是色とは物の本性は空(くう)だが、それがそのままこの世の一切のものであるということ。無や不の後にネガティブな言葉が続くことがわかる。仏教の空とはシューニャ(サンスクリット語: शून्य, śūnya)、śū (= śvA, śvi、成長・繁栄を意味する動詞)からつくられた śūna から発展し、「…を欠いていること」という意味。(インドでシューニャは数字の0を意味する)

ネガティブな語を否定する文が多いことから、妖怪退治や病気治療のときに唱えられてきた。

つまり人生は意味がないから、修行して、0になれという身も蓋もない話なのだが、何故か支持者が多いのが仏教である。差別や貧困にあえぎ、不幸が輪廻したとしても、それに対抗する手段としてこの宗教があるのだろう。