監視社会と情報の精度

インターネットのおかげで、というより、のせいで、監視が容易になった。
ツイッターのフォロワー数やネット記事のタイトルだけで、レッテル貼りが完了し、こいつは好きで、こいつは嫌い、こいつはバカで、こいつは右、こいつは左、そして観察者の『何者』=自分はこいつらよりマシで、いつかひとかどの人物になれると信じている。過程は省略され、結果のみで判断される。
落ち目の芸能人や能力のない政治家は過激なことを言って、自己プロデュースをする。いつの時代も、リスクを取るほうがリターンが多い。勿論失敗した時のダメージはでかい。

それはそれでよいのだが、情報の精度という点で、WikiPediaに書いてあったから100%事実というのは少しおかしくて、(虹をフランス語訳したビジュアル系バンドのWikipediaが小柄なボーカルの身長のみだったこともある)全部正しいことはない。

純度100%の金が存在しないように、100%事実などない。

あるメディアがミサイルの脅威を訴えている一方で、北のリゾート地には、日本語の案内がある。

列強のとある国がいかにも一枚岩であるように見えるが、親愛なる首席がクマのプーさんに似ているから、そのアニメを放送禁止にしたり、列車が脱線したから、人を埋める国がある。人を乗せたロケットの打ち上げ失敗が報道されないのは他の列強でもあったが、このとある国でもあるらしい。

石油王の皇太子の民間人への虐待も動画で暴かれ、逮捕される。

下層の人間が、上層の人間を打ち破るのはこの方法しかないのかもしれない。日本の共謀罪の法案も、列車を生き埋めしてもよい法律への第一歩である。

共産主義も社会主義も民主主義も全体主義に流れるが、民主主義の場合、多数決でNOが出せる。マイノリティは無視されるが、民主主義は一番マシな体制である。下層が多数派になれば、上層をひっくり返せる(可能性がある)からである。

これまでも多くの政治体制が試みられてきたし、またこれからも過ちと悲哀にみちたこの世界中で試みられていくだろう。民主主義が完全で賢明であると見せかけることは誰にも出来ない。実際のところ、民主主義は最悪の政治形態と言うことが出来る。これまでに試みられてきた民主主義以外のあらゆる政治形態を除けば、だが。-ウィンストン・チャーチル