餓死という現代戦

圧力の強化だけでいいのか、装備を充実したほうが良いのではないかという
自称コメンテーターの方々も現在の事態は予測していなかっただろう。
自民党の石破氏はボートピープルの大量漂着を予想していたようだが。

現実は国籍不明のハングル文字が書かれた漁船が日本海沿岸部、秋田から北海道の離島までに漂着している。マスコミは報道をするものの、犯罪事件のようにわずかしか報道しない。報道規制がかかっているのもあるだろうが、なぜモンゴルに浸食されたプロレスみたいな国技の報道が主で、こちらを報道しないのか?

変装して下着を盗んだ変質者と同程度の取り上げ方なのか?マスコミの言い分はこうであろう。不安を煽らないため。政府に言われたから。相撲のほうがリスクが少なく、数字がとれるから。マスコミはいつからスポンサー付きの企業になったのか?
真実を報道しようとしないのか?芸能人の醜い裏側を刃物で捌いて解体ショーをする割に、北朝鮮、韓国問題についてはとりあげない。

たしかに北朝鮮問題はこのまま圧力を強化するだけで、収束するという考え方もできる。虎の子の弾道ミサイルの再突入技術が金がなくて作れそうにないという信憑性が5割程度の情報があるからである。さらに韓国に逃げてきた兵士から出てきた回虫。

回虫は糞便から増殖する。穀物の肥料に人糞を使用しているか、不衛生で食物がたりないのは明らかである。

食料がある程度支給されるであろう兵士でさえそうであるのに、漁民はそうでないとどうしていえようか?漁民に見せかけたスパイかもしれないが、ボロ船の下に潜水艦でもない限り無理だろう。そして、海保は人間が潜れるくらいの潜水艦の位置なら特定できるはずである。

昔からそうであるが、北国(特に青森)は見捨てられる傾向にある。それゆえに地域社会が密接に機能しているかというと、そうとはいえない。本日発射された、控えめな弾道ミサイルは日本海のEEZに落ちたが、青森の西250kmである。

日本は確かに銃やミサイルで人を殺していないが、飢餓という最も残酷な手口で人殺しをしている。それが半島の怨恨をうまないわけもなく、さらにこの兵糧攻めで勝ったとしても、半島とは仲良くできないであろう。

誰が言い出したのかは知らないが、安い労働力で焼き畑農法的なグローバル化は完全なる失敗であった。さらに電車が脱線したり、浄化槽が爆発して人が大量に死んでも無視する中国を繁栄させる手助けをしてしまった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。