格闘代理戦争2ndシーズン

AbemaTVで格闘代理戦争の2ndシーズンが始まった。(現在#4まで)
今回はMMAということで、寝技も加わる。
総合というと視聴率が取れないので有名だ。見た目が地味だからである。
組みが入ると、一瞬で終わってしまう試合もある。
シーズンの最初(#1,#2あたり)は方向性も曖昧で、SAWのような痛いだけのホラー映画に
なりそうな予感はしたが、最近はエンターテイメントとして面白くなっている。

エンターテイメントを抜きにしてみると、秋山の選手の実力が突出している。
青木の選手は壊れそうだし、秋山の選手に対抗するには、那須川のジムで特訓するべきではなかった。KIDのトライアウト候補生の中では少林寺拳法の選手が対抗できそうだが、寝技込みを考えると、秋山の選手と那須川の選手の争いになると思われる。

今のところ魅力のある選手がいないのが残念である。

新しいヒットマンシステムも単純に言えば、マッハ潰しのシステムである。
このシステムは、指名された選手は断れず、勝った選手は枠を一つ取得でき、指名されなかった選手も枠を一つ取得できるというものだが、5人が4枠を争うわけだから、合理的に戦えば弱いヒットマンは(指名権に制限がなければ)4戦しなくてはならない。(例えばマッハの選手が仮に一番弱くて、かつ残りの4人のヒットマンが消極策をとれば、マッハは計4回指名しなくてはならない。積極的かつ合理的に進めるならば、残りの4人のヒットマンは全員マッハの選手を指名すればよい。)

マッハは代理選手を発表していない負い目があるから、このシステムが発表されたとき青木を指名する。(事実そうした)
これだと、マッハの代理選手がいないんですよという逃げはもう通用しないし、マッハの選手と青木の選手の試合をみて、ほかの3人のヒットマンはいくらでも対策がとれる。(一番弱いヒットマンがわかる)
格闘家であるから弱いヒットマンを全員が指名することはないため単純にはいかない。Abemaによい作家がいるのは確かだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。