格闘代理戦争 #9

KIDの推薦選手辻本がマッハの選手葛西を下した。
試合時間32秒。
葛西は顔の骨を折っているかもしれなかった。
流石は打撃のKRAZY BEEといったところか。

第二試合は優勝本命の前田とユンチャンミン。
フィジカルの差と練習量の差がでて、ユンの勝利。
選手愛も秋山のほうが深かった。

最終戦は辻本対ユンになる。
ユンもストライカーであるから、立ち技主体の試合になることは間違いない。

辻本の寝技の上達を額面通り受け取るならば、辻本が有利だろう。
今回の試合を見る限り闘争心は辻本が勝っているし、ユンは性格からかラッシュにいかない。

韓国には良い印象を筆者は持っていないが、秋山の弟子に対する愛は本物であると信じたい。両者とも華のある選手なので、ベストファイトをしてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。