スパイダーマンPS4におけるMJのストレス

スパイダーマンはヒーローであり、彼女の従者ではない。ゲーム内で彼女の横暴は目に余る。単身マフィアの基地に忍び込み、スパイダーマンが助けに行くと、『今、いい話をしている最中だった』という理由で逆ギレする。スパイダーマン扮するピーターは彼女に復縁をちらつかされ服従するのだが、そのストレスが半端ない。何故彼女を操作して、ピンチに陥れ、打たれ弱い設計のスパイダーマンで救わなくてはならないのか?これには女性プレイヤーもイライラMAXになっただろうと思う。『なんでこいつごときのためにスーパーヒーローがピンチになるんだ?こいつは自分で言っているように家でおとなしくしていろ』と。MJは特別美しくもなければ、性格もよくないのである。さらに、毒ガス現場の中、単身乗り込んで、お気に入りのスーツで来てとスパイダーマンをパシリ扱いする。確かに物語の都合上、彼女が動かなくては面白くないのだが、ファムファタールにしては…という感じである。彼女のおかげでスパイダーマンも嫌いになってくる。黒いスーツをくれる悪者フェリシアのほうが魅力的だと感じるのは筆者だけだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。