今井絵理子議員の弁解ミス

彼女は一線を超えていないという訳のわからない理由で、お茶を濁した。そして元アイドルに風当たりが強い現在、よくわからない交際宣言をしてしまった。これは明らかにミスである。そもそも不貞行為が良くなかったのに、それを正当化する行いは見当はずれであった。彼女へのバッシングは強く、嫌悪感を抱くものまでいる始末。障碍児で金を稼いでいる印象は払拭しがたく、更新したブログの障碍児童への取り組み記事も読者が反吐が出るものであったのは想像に難くない。彼女も母親なので、金を稼がなくてはならないが、このバッシングの中あと4年間の任期を全うできるのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。