無題

僕は絵が描けなかったので、絵が描ける友達を探していた。
理由はゲームをつくるためだ。
同級生の村田はロボットの絵がうまかったから、僕は村田と友達になろうとした。
村田はバイトがあったから、それが終わるまで待つことにした。

ゲームがつくりたいことを村田に話したところ、ヤバイ仕事をやってくれればやってくれることになった。反社会組織のPCのハッキングだった。

村田の悪いお友達がそろった部室で僕は羽交い絞めにされた。
中国からきた留学生が不慣れな日本語で黒板に文字を書いていく。
その場の雰囲気にあわない美少女が現れ、僕の顔を値踏みした後、出来るかできないか聞いた。まずはトロイのインストールらしいが、指定されたビルへいけとのことだった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。