仮想敵の必要性

週刊少年ジャンプの有名な海賊漫画では共通の悪辣な敵が存在し、
敵の打倒という目的で一致団結する。敵には敵側の思想があるのだが、
それを一切無視して、主人公側の正義を振りかざして、敵を掃討する。
そして、主人公側の力がインフレしてくるにしたがって、より強大な敵が登場する。

つまり、漫画の連載が続くためには、強大な敵の存在が必要である。
これは現代社会にも、似ている部分がある。

韓国は日本を明らかに仮想敵として、国民感情を団結させているし、
イスラエルだったら、パレスチナ側だったらユダヤ人、ユダヤ人だったらパレスチナ人である。

アメリカは状況が複雑だが、KKKなら白人以外すべて敵、テロ被害者ならISISが敵、
有色移民だったらトランプ大統領が敵。

中国人やユダヤ人は血縁関係が強固であるのに対して、日本人は核家族化、100歳以上の行方不明者多数に代表されるように、血縁関係は薄い。

小西議員や足立議員の炎上や週刊誌の文春砲に撃たれた芸能人は仮想敵である。
その人物の人間性を否定することで、見えない人間たちが一致団結する感情を共有する。そして、その見えない人間たちが自分たちを肯定する。それは直接の脅威である北朝鮮や中韓アメリカに向けられることは少なく、ワイドショーやコメンテーター相撲の親方、横綱、読者モデル、若者、老人などに向けられる。

自分の嫌いなものを一致させることで、共同体を作成するのが日本人の特性なのだろうか。思えば、農民の一揆、島原の乱、戦国時代から倒幕まで嫌いなものを壊すことで一致団結しているきがする。嫌韓も文春砲も必要悪なのかもしれない。

餓死という現代戦

圧力の強化だけでいいのか、装備を充実したほうが良いのではないかという
自称コメンテーターの方々も現在の事態は予測していなかっただろう。
自民党の石破氏はボートピープルの大量漂着を予想していたようだが。

現実は国籍不明のハングル文字が書かれた漁船が日本海沿岸部、秋田から北海道の離島までに漂着している。マスコミは報道をするものの、犯罪事件のようにわずかしか報道しない。報道規制がかかっているのもあるだろうが、なぜモンゴルに浸食されたプロレスみたいな国技の報道が主で、こちらを報道しないのか?

変装して下着を盗んだ変質者と同程度の取り上げ方なのか?マスコミの言い分はこうであろう。不安を煽らないため。政府に言われたから。相撲のほうがリスクが少なく、数字がとれるから。マスコミはいつからスポンサー付きの企業になったのか?
真実を報道しようとしないのか?芸能人の醜い裏側を刃物で捌いて解体ショーをする割に、北朝鮮、韓国問題についてはとりあげない。

たしかに北朝鮮問題はこのまま圧力を強化するだけで、収束するという考え方もできる。虎の子の弾道ミサイルの再突入技術が金がなくて作れそうにないという信憑性が5割程度の情報があるからである。さらに韓国に逃げてきた兵士から出てきた回虫。

回虫は糞便から増殖する。穀物の肥料に人糞を使用しているか、不衛生で食物がたりないのは明らかである。

食料がある程度支給されるであろう兵士でさえそうであるのに、漁民はそうでないとどうしていえようか?漁民に見せかけたスパイかもしれないが、ボロ船の下に潜水艦でもない限り無理だろう。そして、海保は人間が潜れるくらいの潜水艦の位置なら特定できるはずである。

昔からそうであるが、北国(特に青森)は見捨てられる傾向にある。それゆえに地域社会が密接に機能しているかというと、そうとはいえない。本日発射された、控えめな弾道ミサイルは日本海のEEZに落ちたが、青森の西250kmである。

日本は確かに銃やミサイルで人を殺していないが、飢餓という最も残酷な手口で人殺しをしている。それが半島の怨恨をうまないわけもなく、さらにこの兵糧攻めで勝ったとしても、半島とは仲良くできないであろう。

誰が言い出したのかは知らないが、安い労働力で焼き畑農法的なグローバル化は完全なる失敗であった。さらに電車が脱線したり、浄化槽が爆発して人が大量に死んでも無視する中国を繁栄させる手助けをしてしまった。

 

この世界に嘘しかないなら

人類全員が思想が違い、それの統一もできない。
美しく富める者と醜く貧しいものの2種類をグラデーションのように色分けされ、
仮に前者を白、後者を黒い色にするならば、私は限りなく黒い。

現在このグラデーションは70億人で構成されており、自分が何番目の色なのか考えたくもないが、自分の現状を冷静に分析すると、女性には好かれないだろうから、遺伝子を残すことはできそうにないし、残したくもない。私は素焼きにされ、汚い骨粉をゴミとして出されることを唯一国に望むのだが、このように絶望しかない人生を生きる人々は何を頼るのだろうか?

神仏を頼み、念仏を毎日唱え、自己催眠を自分にかけて無理やり生きるよりは、自然に鬱々とアルコールに蝕まれるほうがマシだ。アルコール依存も念仏、ミサ依存も私にしてみれば大して変わらない。

アイドルに金を使うのも似たようなものかもしれない。自己犠牲的な長続きしない愛という名の金の投資を秋元さんにずっと続ける。その瞬間そのアイドルが好きな人は元気になるが、アイドルが引退したら空っぽになるのだろうか?それとも別のアイドルに投資するのだろうか?それもまたアイドル依存といえないだろうか?

これはキャバ嬢やホストに貢ぐ心理に似ている。しかしその金のない人間はどうするのだろうか?

絶望しかない状況で、唯一できることは真っ直ぐ生きることしかない。他人から見れば水平な線でないかもしれないが、ベクトルは同じ方向を進む。破線であっても、波線であっても、同じ思考、思想でブレないとはいえないが、多少の蛇行はあっても、真っ直ぐ進み、精いっぱい生きるか、すっぱり死ぬことしかできない。

 

ハガキ職人は再考の時期にある

現在はメール職人になったが、ラジオを構成する作家や芸人を超えるクオリティのリアクションメールを送るハガキ職人は、オールナイトニッポンの放送作家に応募などしないで、そこらへんのTVに出れない芸人と組んで、インターネットでラジオ作ったほうがいいと思う。確かにニッポン放送やTBSラジオなどはJASRACの許可が下りてるので、曲使い放題のメリットはあるが、そもそも人と交流するのが嫌でラジオにメールを送っているのに、ニッポン放送に通って、芸人やスタッフと仲良くしていじられるのは苦痛だろう。ニッポン放送の一次審査は面白さで二次は面接だという。売れてる芸人のラジオ担当になれればいいが、よくわからんすぐ消えるミュージシャンや尖ってるだけで実力のない芸人担当のテコ入れで入れられたら最悪だ。