知恵の実としてのインターネット

私が2か月ほど学習してカオリを作ろうとしていたところ、もう遥かにスゴイ奴が作られていた。

これは29万8千円するらしい。

若者が草食化した本当の理由

上記のサイトで、若者が草食化した理由として、経済的に貧しくなったためとしているが、それは弱い気がする。高校生や中学生、もっと言えば貧しい国でも恋愛はどこでもしている。ヤンキーだったあの人はもう結婚して子供もいるというのはいまだよく聞く話である。

まず、第一の理由として、美しい男性がパクつけない情勢になった。イケメンといえどラインが流出したら一巻の終わりである。しかし尚、優勢は優勢だろう。

第二の理由として、”身近”なアイドルの内情が、見えたからであろう。こんなに綺麗、あるいはかわいい子がこんなことをするならば、一般の近くにいる女性もそうであろうという類推は妥当である。

第三の理由として、yahoo知恵袋などで、男性が描いていた夢想とかけ離れている女性心理がホットドッグプレスなどを買わずとも、克明かつ鮮明に描かれているからであろう。つまり、知らなくては良いことを知ってしまったがために、草食系にならざるをえない。雄のカマキリに心があれば、喰われるとわかっていて、交尾はしないだろう。逆に女性の目線から考えれば、美しくて、高収入で能力の高い男性でなければ、出産のリスクの割に合わないと考えるのは当然である。

「今の若いモンは草食系でいかんな」とか言っている世代の男性は熟年離婚世代かバブルで儲けた世代である。”知らなかったから勝手に思い込みで結婚した”と、現代の草食系男性に反論されても、適切に言い返せるかどうかは怪しい。

「インスタ映え」の暴走 IKEAでカートに乗るJKが増殖中

遊園地にも行けず、ホームセンターで遊んでいるのだろうか。もしくは、遊園地よりも安く短時間で自撮りができるIKEAのほうが良いと判断したのだろうか。

このままいけば、美しい個体は継続して増えるが、そうでない有象無象の個体は男女別々の違う進化を遂げそうである。

2017 08 05 17:58

地獄の中の恋の物語にしようと思うが、「愛など粘膜の作り出す幻想」
(by アプサラスの兄)に共感している者として、恋など描けるわけもない。

だが理想はある。それは、僕が考えた最強のガンダムと同次元になるのはやむを得ない。現実には手に入らないものを描くというのは、いよいよ腹が減ってきて、餅を紙に描きだしたと認識するのはやはり切ない。

椅子取りゲーム終了のススメ

おおよそ人間の魅力というのは、次式で表される。

\[ f(x) = \sum_{i=0}^n (g-b)x_i + C – Dyear \]

ここで正の変数g,b(good,bad)は 行動xに対する重みである。Dyearは経年劣化を表すが、ここでは無視する。定数Cは次式で表せる。
\[ C = L + cs + cp + E \]

変数Lは容姿 csは社会的信用 cp は資産 E は家庭環境である。

定数Cの低い人間が1日に魅力的な行動をとるためには gx、すなわちよい行動を増やさないといけないし、bx、悪い行動は0あるいはできるだけ少なくする必要がある。
そして、定数Cはほぼ一定であるため、学園あるいは会社のマドンナを手にするためには、gxの値を増やすために、行動回数nはかなり増やさないといけない。

そしてマドンナの心を射止めた後にも、その行動を維持する必要があり、Cの値が小さいあるいはマイナスの人間は不断の努力を強いられる。

これは受験戦争にも同様のことが言える。中学(あるいは小学校)から受験が始まり、大学入学がゴールではなく、大学に入ってからも勉強である。そして、企業に入るにせよ、エリート官僚になるにせよ、医師になるにせよ、勉強が必要である。霞が関の官僚になろうと思ったら、国家公務員試験1を合格をしなくてはならないし、霞が関の面接を受けて採用されなくてはなならない。
企業に入っても、上に行くためには専門知識の勉強や資格の取得が必要である。医師も医師免許をとるために、かなりの時間を勉強にとられ、取った後も最新技術の勉強である。
エリートや官僚、医者が高給なのはこのためである。

しかし思うのだが、それは楽しいのだろうか。
毎日80点以上をとり続ける人生は苦痛ではないか? 定数項Cの値が高い人はそれをしたらよい。維持はそんなに難しくはない。
Cがマイナスな人間は、もうそのゲームをやめないか?システムが作ったわざわざ負ける勝負をする必要はないのではないか?

簡単に言うと、下層の人間が努力して、それなりの嫁をもらっても、それに見合う対価は得られるか怪しいということである。

2017 08 02

CSVファイルの読み込みに成功した。あとはこれをマップ画像にするだけなので簡単である。

タイトルは湖面の蜘蛛というタイトルにしようと思う。
友情や愛情については無知な私がRPGなど作れるのかという疑問はあるが、
中学高校の時に数人いた友達のことを思えば、なんとなくわかるかもしれない。

S君というシックスセンスの子役にそっくりな友達(170cmくらいあった)がいたのだが、彼は何故私に優しくしてくれたのだろうか?私はその頃、ダウンタウンにどっぷりはまっていて、つまらない(サムイ)奴は価値がないと思っていた。S君は結構明るくて、友達も多く、人を傷つけることがないひとだった。ツッコミ気質でアイスピックのように尖った私の今思えば面白くないボケに丁寧に突っ込んでくれたし、シティハンターを全巻かしてくれたり、(私は卒業式に行かなかったので、借りパクしてしまったのだが、)家に呼んでくれたり、公園で一緒にパンを食べてくれたりいい人だった 。もうあんな友達はできそうもない。シティハンター全巻のお詫びはできそうにないので、私が地獄にいくことでチャラにしてもらおう。

 

キャラクターはもっと整理するべきだ。


この一点透視図法を使えば Wizardy形式の移動画面ができそうだ。