北が小型戦略核兵器の製造を開始

北朝鮮が小型戦略核の生産を開始した。

一般的なICBM(大陸間弾道ミサイル)は秒速約7.9㎞、先日、日本海のEEZに落ちた弾道ミサイルは45分間飛翔した(ソース)というから、同級のミサイルが直線移動すると7.9*45*60 =21330kmの射程があるということになる。平壌からグアムの直線距離は3406㎞だから、余裕で届くと思われる。(実際は直線移動をしない。後述)グアムの位置はピンと来ないかもしれないが、フィリピンのすぐ東である。 グアムに向けて発射すると、ミサイルは日本の九州地方上空を通過する。これは日本本土は勿論、沖縄、フィリピンを射程範囲に収めていることを示す。

このロケット並みの速度の飛翔体をどうやって撃ち落とすのか?そもそもICBMとはどんな仕組みなのか?

こちらを参考にさせていただきましたこちらも参考にさせていただきました

ICBMとは放物線落下ミサイルである。ボールを45度~60度の角度で上方に投げるのと同じような軌道を描く。

ICBMは大気圏を突破し、再突入する。通常の戦闘機の誘導ミサイルより、精度は格段に悪い。上記のサイトによると、大気圏再突入時の高熱により、細菌兵器(断熱装置がないと熱で死滅する)や事例の少ない化学兵器は使用されないと思われる。

通常弾頭はその精度の悪さから使用されないと考えてよい。アメリカの最新の弾道ミサイルでも目標地点100m圏内に落とす確率は50%ほどであり、北朝鮮のミサイルは目標3km圏内に落とす確率が50%ほどであるという。

核弾頭を使用した場合、皆さんご存じの広島型爆弾の場合、直径20㎞圏内の人間が死滅する。例え、3kmずれても全く効果には問題がない。一帯地域は放射性物質の長い半減期の間汚染される。

どうやって撃ち落とすかについては、PAC3やTHAADが有名である。
韓国で配備されているTHAADはICBMが大気圏外にいるところ、つまり再突入時を狙ったミサイルである。PAC3が高度の低い迎撃ミサイルであるのに対し、THAADは高度が高い。しかし、命中率は不明である。弾道ミサイルを迎撃した実績がないためだと思われる。

 

いずれも、弾道ミサイルの弾頭にMIRV機構がないと仮定した場合の戦略である。現時点で無いとしても、搭載されるのは時間の問題である。MIRV機構については下図を参考にされたい。

 

MIRVの弾道軌道イメージ
A:第一段ロケット B:第二段ロケット C:第三弾ロケット D:MIRV 集合体 E:フェアリング
1.発射 2.第一段ロケットとフェアリングの切り離し 3.第二段ロケットの切り離し 4:第三弾ロケットの切り離し 5.飛行経路を最終調整 6.弾頭の切り離し 7.弾頭はそれぞれの目標に向かう 8.着弾 WikiPediaより。

メディアの偏り

ソースが朝日新聞の記事が、日本にとって都合の悪いニュースばかり、報道していることはニュースサイトを一日見ただけでわかる。朝鮮日報と揶揄されても仕方がない。
最近は、産経新聞が自民党寄りであることがわかる。フジテレビのマークでいかにも中道のような感じをしているが、民進党のことはバッサリ切るのに、自民党総裁の奥方のことなど、夢にも触れようとしない。さらに、緊張状態を煽り、自民党政権を維持するため、空自機がスクランブルしただの、北のミサイルがどうのとか一面を飾る。過去をさかのぼると、戦争状態を煽っていてのは一部のメディアではなかったか。読売新聞も週刊文春で自民党よりを指摘されていたが、産経新聞も自民党寄りで印象操作が甚だしい。今の内閣支持率は29.9%で、今後どうなるかわからないが、中道の第二党がない現状は好ましくないと言える。金のない政治家は、票を集めるためや法案を通すために金を集める必要があって、金持ちの子どもならいいが、清廉潔白な貧乏な政治家も腹黒い金持ちによって黒く染まる。プラトンの哲人政治が不可能な点はここにある。金も必要最小限でいらないから、国をよくしたい人が集まって政治をすればよいという考えは、その哲人の人間性、あるいは獣性を否定した矛盾した考えだ。機械に判断をゆだねるという考えもあるが、機械の思考をつくるのも人間であるので、どうしても偏りが生じる。EVAのMAGIのように、複数の思考回路を作るのが望ましいが、その機械の決定に本当に人為的な作為がないのか?と言う疑問は、陰謀論が好きな人間には絶対に払拭できない。国会も老人の議員に対して、若手の議員が記憶力クイズをしかけて、こんなことも覚えていないのかという下手な論戦をする。仮にも、国の最高行政機関なのだからPDAくらい持っていけばいいのに、なぜかもっていかない。(携帯ゲームで遊んでいる議員は昔いた)IMなどつかわなくとも、信号さえおくれば、現在のように偉い人の代わりに、信号を受信した別の三下の議員が回答すればいい。獣医科増設問題や総理の奥方の問題などの質問でメディアが追い詰めたと思ったら、将棋の藤井四段の話についてコメントなど、本当にどうでもいい質問でフォローする政府寄りのメディアなど全く必要がない。

米国ニューヨーク州のエドワード・ブラウンスタイン下院議員による慰安婦被害者慰問

韓国の慰安婦問題で、米国の下院議員が生存している元慰安婦の慰問に訪れた。
慰安婦に支払われた金額は計り知れない。公害でも、こんなに金をもらわない。韓日慰安婦合意は日本は韓国に対して10億円拠出した。この国に対して、日本人の若者はよい印象を抱くはずがない。存在自体しらない、ひいおじいちゃんが戦争に行って、敗戦国に対して行ったかもしれない戦争犯罪に対して、今の日本人に対して度重なる謝罪と賠償を要求している。しかも2015年の韓日慰安婦合意で外交部長菅は不可逆的に解決するとしている。この国際的約束反故は韓国の国内情勢を憂慮して、譲歩するとしても、米国の下院議員が慰問にいくのは恐ろしく汚い(fuckin’ dirty)と言わざるをえない。なぜなら、韓国のヘイトが日本に引き続き向けられ、アメリカに向かうのを回避する魂胆が見え見えだからだ。この米国の優男議員によって、韓国はまた、米国の見えざる手によってコントロールされることになってしまう。

そもそも、私の祖父(故人)は戦争にすら行っていないし、個人的には慰安婦問題で韓国になんらいわれる所以はないのである。それを言い出すならば、朝鮮出兵を行った豊臣秀吉を雇用した織田信長がわるいのか?秀吉が温めた信長の草履を作った草履職人が悪いのか?果てには、アダムが知恵の実を食べたのは日本人のせいだといわれそうで、恐ろしい。

国内のどうしようもない怒りを慰安婦問題にぶつけるのはしょうがないが、38度線に関わった米国の白人が慰安婦の慰問にいくのはどうなのか?日本が敗戦国になって、GHQに統治されたとき、米兵が貧しい日本人の女性に全く手を出さなかった事実などどこを探してもないはずである。それに対して日本人が、米兵に犯されました!謝罪と賠償金を!などと叫んで報道されている女性はいまい。強国が力の論理で、歴史的事実を捻じ曲げるのを人々は注意しなければならない。(イスラエル・パレスチナ問題もその一例であろう)

韓国が徴兵制をやめられない理由と日本の防衛

韓国のレイプ発生率は、2013年度で、4位である。ソースは国連。

 

*Statistic Verification
Source:U.S. Bureau of Justice , CDC, Koss,
Gidycz & Wisniewski College Study, United Nations

Research Date: 6.18.2013 Rape is a type of sexual assault usually involving sexual intercourse, which is initiated by one or more persons against another person without that person’s consent.
A person who commits an act of rape is known as a rapist.

The act may be carried out by physical force, coercion, abuse of authority or with a person who is incapable of valid consent. Victims of rape can be severely traumatized by the assault and may have difficulty functioning as well as they had been used to prior to the assault,
with disruption of concentration, sleeping patterns and eating habits.

こちらも参照https://data.unodc.org/ のCrime -> Sexual Violence -> Total Sexual Violence

発生率の低い国が女性の発言権がない国が多いことを考えると、データの信憑性はあまり確かなことは言えないが、発生率の高い国は、巷のニュースの情報を裏付ける結果になっていると言える。

韓国の不安定な情勢は、簡単に言えば徴兵制にある。兵役は2年程度で、エリートの男性も恋人の女性をこの期間で大半失う。女性は、2年間も不安定な情勢で待っていられないからである。この兵役は男性のみに課せられ、男尊女卑に拍車をかけられている。韓国は化石燃料やレアメタル等の資源が乏しく、企業の発展でしか国を維持できなかった。それ故に、極端な学歴重視社会を生み、1流大学に入って、企業に入ることが男性の責務になっている。1流大学に入らないと、企業の椅子に座れないし、企業の中でも、大学の派閥ができている。女性も収入を得るため、企業面接やテレビ業界で活躍するために整形を余儀なくされる。国策として、優秀な人間を教育して企業を発展させるしかなかったのである。ではなぜ、2年間の徴兵制度が必要なのか?志願兵とプロの軍隊ではだめなのか?一般的に徴兵された兵より、志願兵のほうが強いとされている。これはよく国防で手本にされるスイスが徴兵制度をとっていることから、(徴兵制度をやめようとしているが、何度も否決されている。)以下の推測がされている。

①国は侵略国に対して必要以上の出血を強いる必要がある。(侵略する国にデメリットしかないと思わせる必要がある。)

②ソウルと平壌の距離が近い上に、北側の陸戦歩兵の物量で攻めてくる戦術の防衛策をとらざるをえない。

③国境線を防衛するためには、一定数の”敵前逃亡ができない”陸戦歩兵が必要である。(現代のハイテク武装でも国境線を突破してきたゲリラ兵には対応できないため。第二次大戦中も武器性能で勝ったドイツ軍も連合軍の物量に敗北した。)

これらおおよそ3つの理由により、徴兵制度をやめたくても、やめれないのである。さらに大統領の気分でトマホークミサイルを12発くらい撃てる駐留している最強の国は敵に回せないし、それに拮抗するか、上回るかもしれない中国を敵に回すこともできない。ロシアの脅威もある。だから、国民感情を安定させる国民情緒法を使用して、なにかしらの仮想敵を作って、溜飲をさげるしかない。レイプ発生率が4位であるのに、慰安婦像を建て続けるしかないのも仕方がないのである。

政府は、国の維持と国民感情を秤にかけて、ギリギリの選択をしている。国の不満を元大統領にぶつけるしかない、国民は本当に辛いと思う。最近では七放世代とよばれる、ほとんど全て諦めた若者たちであふれている。国民が北と統一して、核や安い労働力を得たいと願うのも無理はない。しかし、統一後に待っているのは、経済制裁と中国からの侵略である。

グローバル化による資本主義が限界を迎え、トリクルダウンという巧妙なウソに全員が気付いた時、世界が自国第一主義と力による支配構造になるのは避けられない。

共謀罪が可決されたとき、日本も一党独裁になり、魔女狩りと優生思想の19世紀に戻るかと思われたが、都民ファーストの会という雑兵を集めたよくわからない党(実質は公明党の2軍だが)が、自民党と言う巨塔に風穴を開けたのは前回の記事で散々酷評した小池都知事を評価できるポイントではある。日本は海で囲まれており、防衛には実は恵まれている。海岸線上の複数のポイントからいきなり複数の部隊が出現して同時侵攻してくることは、ほぼありえないため、前述した国境防衛のための陸戦歩兵の数がそれほど必要ではない。機能集中した東京しか狙うポイントがないため上陸地点も限られる。(新潟から戦車と山越えなどはするまい。原子力発電所を狙う可能性はあるが、それをするなら核を使うだろう。)だが、この緊張状態で、稲田大臣では少々不安である。(軍事国家のイメージを国民につけたくないため、女性の閣僚人事をしたと思われる。)都議選の惨敗を狙って、北がEEZにミサイルを発射したとは十分考えられる。EEZとは排他的経済水域のことであるが、このグレーゾーンに落とせるということは、北のミサイルの精度が上がったと言えなくもない。

性的弱者からの搾取手法として捉えた場合の女性アイドル商法

6月24日幕張メッセのアイドルイベントで、アイドルの殺害未遂事件が起きた。

犯人は24歳の男性で、ネットに上がっている男性の写真(信憑性は不明)を見ると、お世辞にも容姿端麗とは言えない。

女性アイドルは、同じ人間であるのに、ファンがCDと言う体をとった握手券を何枚買おうと、ファンの中のキモオタのことを、”壁のひび”くらいにしか思っていないし、できることなら、握手会などしたくはないはずである。なぜアイドルになりたいかと言うと、すなわち人間の根源的欲求である『自己受容の欲求』が肥大しているためである。ここにいてもいいこと、存在してもいいこと、の欲求が肥大し、他者の同年代の女性に勝ることや性的弱者の不特定多数の異性を踏みにじることでその欲求はさらに満たされる。際限がないその欲求は、主催者の悪辣な『グループ内での選挙』によって、握手会やSNSでの選挙活動を余儀なくされる。握手券と投票用紙を何枚も買った男性が、同じ人間であるにもかかわらず、金を払わされたあげく、キモオタマジ最悪のような、ツイートを見てしまえば、人生経験が浅く、自分のことをよく理解していない若い男性が殺意を持つのは自然である。(アイドルに限らず、情事のもつれとして、この種の事件は多い。)このような男性をサイコパスというラベルを貼り、排除するのは簡単だが、このような搾取構造の商売をつづけるならば、同じようなさらに凶悪で悲惨な事件は起きるだろう。(用意周到な犯人の男性がわざわざ発煙筒を焚いたことは何らかのメッセージである。)システムがおかしいことに気付くべきである。資本主義で勝負していて、やましいことはないとするより、偶像としての生ける神として宗教として奉る方が話が分かりやすい。(48にもそういう意味があるのだろう)やっていることは、女性を利用した主催者へのお布施となんらかわりがないからである。

(さらに言えば、商品価値がなくなったアイドルの女性は転落人生を送るか、見切り時を見つけて、金持ちと結婚するしかない。)