世界のペルソナ 西川きよし=仏陀説

©ATLUS

©吉本クリエイティブエージェンシー

ユング心理学 補講 1

元型:マナ人格

マナ人格は内的な理想像であり、こうなりたい未来の自分である。このペルソナが実体化例としてわかりやすいのが、聖杯戦争と題しているのに村の中の抗争で終わっている、FATE/stay nightにおけるアーチャー(英霊エミヤ) である。(この作品について私は否定的な立場をとる)

セイバーや遠坂が衛宮士郎(士郎ときくと、美味しんぼの方を思い出してしまう。山岡さん……)のアニマとすれば、コトミネ神父は衛宮士郎(ZEROでは衛宮切嗣)の影であり、衛宮切嗣は父(養父)だが、マナ人格であるといえる。

前置きはさておき、ふざけたタイトルと画像の説明をすると、芸人の西川きよしさんは、道化の面を被ってはいるが、面が外れなくて困っているのか(ペルソナと同一化しているのか(悪い意味))、実際は真っ黒な違う人なのか(しんどいわ裁判のエピソードを聞く限り、そうは考えにくい)、判断がつかない。健常者であることは疑いようがないため、ブッダのように、自己の統合ができた最初の人なのだろうか?

オードリーの若林さんは、影が強すぎて、狂気にみちた怒りを笑いに転化させている。(リトルトゥースとしては最近の精神状態が心配である。)、人を笑わすため(お金を稼ぐため)、外見の幼さをペルソナとして保っている。(本当は滅茶苦茶にしたいはずだと思う。)
対して、明石家さんまさんは、過酷なネグレクト環境に育ち、それを見せず、ただ人を笑わすことだけに、魂を磨いているひとである。この人も影が強い、統合しているとはいいがたい。

私が芸人に憧憬に似た念をもつのは、その道化の面の強さである。ペルソナの発展には、男性ならば、強さや判断力等、アニムスがもっているものが必要であり、(これを以後アニムスの剣と呼称する)アニムスの剣を磨くためには、好きな女性が持っているアニムスに近づく努力をしなくてはならない。つまり、かっこよくならなくてはならないのである。

ここで、前提として、私が左巻きに回転する変態であり、腐って外皮が落ちた、ぐちゃぐちゃな(武田鉄矢にいわせると腐った蜜柑)のようなペルソナであるにもかかわらず、その発展を放棄していることを理解されたい。

私は、自身のアニマを、ヒステリックな狂った老女のアニマ(たましい)だと考えて、それだと、母親とかわらないし、まだアニマの段階に至っていないのか、と考えたのだが、そうではなくて、狂人の殺人鬼としての影との統合がまだ終わっていないだろうとするのが、現時点での推量である。(多分アニマは死んでいる。それ(老女)がアニマであるならば、狂った老女に自分のアニマを投影して好きになるはずであり(一生ならないだろう)、怒りの心因である狂人の殺人鬼は同一性(男性)である影と考えるのが妥当だろう)

そういえば、私の父親も火サスを欠かさず見ていた。(なんでコイツは毎回、人が殺されんの見てんだよ。タタタタッ!タータッ!ターターー!♪ うっせぇ!うぜぇな。おめぇが死ねよ)といつも思っていたのだが、今考えると、父親のなかにも、人を殺したい影と善人でいたい自我が同居しており、その相反する戦いを、テレビに投影して(殺人犯に影を、探偵や刑事に自我を投影して)家族を顧みずに”やって”いたんだなと思われる。

アニムスを過剰に投影してくる母親や女性が鬱陶しくてコンプレックスが肥大化し、それにともなって、影も深く、肥大化して、制御不能になっているのが今の私の状態と考えられる。私には道徳と判断力、冷静さがひつようであり、影に呑まれないための努力が必要である。その一方で、外界に興味はなく、内的な冒険に耽るのみである、それが現実逃避であるという考えは一理あるが、価値観の押し付けはやめていただきたい。狂気が暴走しそうになるのでやめていただきたい。

ユング心理学 総括 男性、女性

現代社会においてユング心理学で有用なのは、アニマとアニムスであると私は考えている。人間は外見が9割であることは、就職活動をした日本人ならほぼ全員が認めていることだろう。外見がよい女性はそれだけで採用率が高い。なぜなら、その女性がいるだけで、職場の雰囲気がよくなるし、男性の離職率がさがるからである。男女問わず、容姿のいい者は性的に自由であり、周りの劣等感だらけの男性よりも自信がついて、さらに良い結果を残すであろう。容姿の悪い人がペルソナを磨いたとしても、よい人、徳の高い人で終わる。(芸人のバカリズムさんは「よい人=死んでもよい人」とシニカルに批判する)ファンタジー小説や、ゲームに親しんでいる若い人にとって、そのような坊さんのようなペルソナにあこがれを持つ人は絶対に少ないと断言できる。そして、そういう人でイケメンでない人は、整形をしない限り、絶対にファンタジーの主人公のペルソナは手に入らない。

そういった意味では、ペルソナは最早、ただの会社勤めの人のためのマナー講座のようなものでしかなくて、内的なアニマ、アニムスを磨くべきだと私は考える。

極端な個人社会で、外界に絶望している人々にとっては、自意識過剰に着飾ったペルソナはかえって害である。容姿の良くない人が長時間化粧しても、美人の人の短時間の薄化粧に負けてしまうのである。皮膚病やアレルギー持ちの人が、赤みを消すのに抗生物質やサプリメントや栄養管理をしっかりしても、肌の美しい人にはかなわないのである。そんな風に合理的な考えが蔓延すると(知的レベルが上がった結果ではあるが)昔のオタクの心像のように服装や清潔感に注意を払わなくなる。

そして、ここ数百年の歴史で、結婚に対して、コンプライアンスのようなものが欧米にできあがると、もはや結婚は拘束でしかなくなり、永遠の愛を夢見た女性も覚めたらすぐに離婚して、アニムスを投影して過保護に育ったが、両親の幼い歪んだ愛で育った病的な子どもがあふれかえる。

社会学者の偉い先生がいくら親や子どもを教育しても、若い人にとっては恋愛すらコストが高くて、リターンが少ないつまらないものに映るのは仕方がない。永遠の愛があるのなら、大勢の人がそれを真似するだろうし、何分かに一回離婚するなどという現象は起きないはずという簡単な類推は小学生でもできるからである。ネットの普及で、現実の女性より美しい女優のエロ動画の存在や両親の不満や社会の閉塞感もこれに拍車をかける。

影やアニマ、アニムスと対決して、経験を深めるべきである。その際、ネット内にしろ、家族、学校、会社で軋轢が生じてもいいだろう。生きているのはあなた自身であり、親や社会や”なんとなくそうしたほうがいい風習”の害がない人形としてのあなたではない。

ユング心理学 アニムス

女性の場合は、いわゆる女らしい外的根本態度に対して、無意識内には未分化な論理性や強さが集積されている。それが夢においてイメージになるときは人格化されて男性像をとることが多い。それがアニムスの心像(アニムス)である。女性の内界に存在するこの男性、アニムスは、例外を許さぬ頑固な意見として外に現れてくることが多い。ユングはアニムスは意見(opinion)を形成し、アニマはムードを醸し出すといっているが、実際、世に恐ろしいのは、女性の意見と男性のムードである。どちらも不可解な頑強さをもっているのが特徴である。アニムスに取りつかれた女性は「……すべきである」と意見を述べる。これは原理的、合理的には正しいが、その個々の実際場面やタイミングに適していない時が多いので、この頑固な意見に会うと、男性は俄然感情的になって、感情的な反対論を述べる。これはいつまでたっても交わらぬ平行線であって、ほとんどの場合は時間しか解決しない。アニムスはアニマと同様に否定的な面も持つが、肯定的な面も持つ。

アニマの発展の段階が4段階であったように、アニムスも4段階に分けて考えることができる。これをエンマ・ユング(ユング夫人)は

(1) 力
(2) 行為
(3) 言葉
(4) 意味

の4段階に分けている。これはゲーテのファウストにおいて、ファウスト博士が新約聖書のギリシャ語を独訳しようと試みて、『はじめにLogosありき』のLogosを、
言葉(das Wort)、意味(der Sinn)、力(die Kraft)、そして行為(die Tat)としてみることから取ったものである。実際、アニマがエロスの原理を強調するものであるのに対して、アニムスはロゴスの原理を強調するものということができる。

力の段階は男性の力強さ、特に肉体的な力強さ(simple physical power)を示すもので、スポーツ選手などのイメージとして現れる。(小学生は足の速い男の子がもてる)
これはアニマの第一段階に対応して、「低いアニムス」とでもいうべきであろう。
次の行為の段階は、強い意志に支えられた勇ましい行為の担い手の男性像によって表される。(中学、高校は野球部、サッカー部のレギュラーがもてる)

男性の場合、アニマの問題が退行した状態で生じるときはエロチックな空想として現れることが多いが、女性のアニムスが退行した場合はエロい空想が現れることは少なく、むしろ、頼もしい男性の出現によって、未来の人生の設計という願望に満ちた考え(多分に空想的であるが、本人にとっては、一つの考えである)として生じてくる。そして、この本人にとって素晴らしい考えによって、「女性も職業をもつべきである」とか、「自分の夫はイケメンの年収1000万以上でないといけない」とか、動かしがたい意見が形成される。このように願望に満ちた考えが強くなると、それとの比較によって、外界にあらゆるものは無価値に見えたり、つまらなくなったりしてくる。何に対しても、浅薄な批判を繰り返すうちに、ついには自分にむけられ、自己評価を極端に下げたり、「大学を卒業すべきだった」とか「あの人と結婚すればよかった」と繰り返すことになる。以上、否定的なアニムスの効果について述べたが、アニムスは、このように破壊的作用のみもたらすとは限らず、女性の中にある願望に満ちた考えは、誰もが気付かぬ可能性を見出したり、新しく提出された意見や思想に対して、偏見を持たず賛同したりすることによって、建設的な役割を果たす。
男性が硬い思考の枠組みに捕らえられて、新しい傾向を排斥しようとするとき、その意義を認めて革新的な行動に加担する女性が現れ、改革の推進者となることも多い。(初期の小池現都知事がそうであったろう)

アニムスが現在の女性にとって大きい意義をもつのは、言葉・意味の段階として示される知的なロゴスの原理においてであろう。現在の合理的、客観的な思考法を尊重する時代精神に支えられて、女性はつねに、このような意味でのアニムスの問題と取り組まねばならない。アニマの特性は他人との協和であるが、アニムスの特性は、鋭い切断能力である。差を明確にし、正誤の判断を下す能力は、快刀乱麻を断つのにも比する。(民進党の代表の事業仕分けが好例であろう)

前回、キャリアウーマンが男性をKOしていき、服を着ていなかった夢を見た事例を紹介ししたが、近代女性はそのアニムスの剣によって、自分の女の命を切り刻む作業に熱中する危険性に十分注意しなくてはならない。そして、アニムスの剣は、無意識の借り物でしかないので、強烈な意見の背後に親しい男性の意見や尊敬する人のコピーを捜し出せることもまれではない。実際、自分の女らしさを殺し、周りの男性の論理で固めた女性ほど、男性に敬遠されるものはない。(現在のある知事がそうであろう。)しかし、女性が自分の自己を通す場合このアニムスを生きてみて、統合してゆく困難な道を選択しなくてはならない。

そして、この道はつねに、女としての命を失う危険性と、男性からの強烈な反対によって著しい困難を伴う。(日本の女性政治家をみていればわかるだろう。)相手の男性が太母の懐にまだ眠っている場合は(アニマ以前の段階)この傾向はさらに著しいものになる。女性の独立の動きは、この男性の安楽な眠りをおびやかすからである。
このような困難な道を避けて、女性として、買い物や掃除をアニムス的要素をおりこむことによって、満足を見出そうとするのだが、家電の発達や少子化によって、家庭の主婦はエネルギーの剰余を得て、消費法に困る。このときに、エネルギーが低いアニムスと結合すると、この女性は性的冒険を求めて行動することになる。ヤリチンが母親からの独立を求めてのあがきであると、前に述べたが、ヤリマンの性的冒険やよろめきも、自己実現の道を求めてのみじめな努力ということもできる(矢口さん(仮名))

大抵の主婦は、この性的冒険は実行せずに、せいぜいドラマ鑑賞にとどめておき、余剰エネルギーはもっぱら自分の子どもへ注がれる。
現在の夫にアニムスの像を見出せず、「ああ、あの人と結婚しておけばよかった」というアニムス(こころ)の嘆きは子どもへの期待へとかわってゆく。(父親はだんだん妻に相手にされなくなってゆく)
願望に彩られた考えは全てこどもへ投影され、子どもは母親のアニムスを生きねばならぬことになる。子どもはやさしいくちづけで、百年にわたる女性の眠りを覚ます美しい王子であることが期待される。アニムスの発展を一途に願う母親に、合理的で、科学的な教育が父親に提供されると、悪名の高いモンスターペアレントが誕生する。モンスターペアレントは通常、同時にモンスターであり、この場合の男性も母親のひざにのっている坊ちゃんであることが多い。

人間の幸福を単純に考えると、(これは河合氏の意見)アニムスに気付かないほうが女性として幸福であると言える。自身のアニムスを抑圧していたり、気づかなかったりする、人形のような女性は、男性のアニマを投影するのに最適な女性であり、同性である女性はなぜあんな無個性で頼りない女性がもてるのか当惑することが多い。

ググれば情報が出てくる時代でアニムスの存在に気付かない女性は、(デジタルディバイドされた人々は除く)少なくなっているだろう。アニムスはとらえどころがなく、ユングもはっきりしたアニムス像を分析した例は一度もないといっている。アニマが一人の女性の心像として現れるのに対して、アニムスは複数人現れることが多いという。(これは、ジャンヌ・ダルクの幻聴としての聖霊が複数いた話とも一致する)少女漫画にイケメンの男の子が複数出てくることも、女性の中にアニムスが複数あることを示唆していると私は考えている。

ユング心理学 アニマ 5

実際においてアニマを意識内に統合してゆこうとの試みは、ある意味では男性にその”弱さ”の開発を強いるものであり、真に困難なものである。どれほど強がりを言ったり、あるいは実際に強い人でも、恋愛になると急に脆くなったり、愚かになったりするのが通例である。実際、アニマは男性に弱さを経験を通じて教えてくれる。そしてこの弱さの内的経験を通じてこそ、男性は他人との真の関係を打ち立てることができる。強いばかりの男性は、支配し、命令することはできても、他人と深い対等の交わりを結ぶことはできない。心理療法家になるひとは、必ずアニマの問題に直面しなければならぬのも、このためである。(転移・逆転移の問題)

しかし、アニマと対決し、統合してゆくことと、アニマと同一化することは区別しなくてはならない。同一化するとその男性は女々しくなったり、むやみに感情的になったり、甘い感傷的な考えに陥って現実との対決をさけたりする。カウンセラーの男性の中に、女らしい感じや甘い感じの強い人がいるが、これらのひとはアニマとの同一化の危険におかされているというべきであろう。(教育評論家の尾木ママもそうかもしれない。)

一般には男性としての強さや判断力などがまず期待されるので、なにはなくても外的な期待にそえるペルソナを作り上げることが大切であるアニマとの対決はそのあとでもいい。外界に対する適当なペルソナをもたないで、内界におけるアニマとの対決をなそうとするときは、腹背に敵を受けて(挟撃)、真に危険な状態に陥るものである。例外として、芸術家や宗教家、心理療法家なども、若い時からアニマの問題と取り組まなくてはならない人もいる。

アニマは女性に対して投影されることが多いが、必ずしもそうとはかぎらず、何かの物事や物体がその役割を果たしている場合もある。その典型的な例としてはアメリカにおいては自動車やバイク、戦闘機がアニマ的な役割をもっているように思える。男性は競って、素晴らしい自動車を買い、それを世話し(時には愛撫さえする)それについて、友人たちと話し合いをする。考えてみると男性化したアメリカ人の女性に比べると、自動車のほうがはるかにアニマらしいといえるが、近代的な合理主義の産物に非合理な感情の投影をしなければならるぬのも気の毒な感じを抱かせる。河合氏はアメリカ文化をいち早く吸収する我が国においてこの無機物のアニマ化を憂いているが、皆さんご存知のように、鉄オタやフィギュアオタ、二次元オタ、アイドルオタなどもう手遅れの感じが否めない。

ユング心理学 アニマ 4

アニマの第3段階は霊的な段階で、聖母マリアによって典型的に示される。ここにおいてはセックスは聖なる愛へと高められているということができる。これは母でありながら、同時で処女であり、母親としての至高の愛と乙女の限りなき清らかさを共存せしめている。これだけを聞くと恋愛経験の少ない男の妄想であり、何故これがロマンチックアニマより上の段階なのか私にはよくわからないが、この段階に続くものとして叡智のアニマがある。この最終段階のアニマの心像としては、ギリシャ神話のアテネや北欧神話のヴァルキリーなどが例示される(ヴァルキリーはやや低級の女神であり、ブリュンヒルデの印象もあるので適当でないかもしれない)。兜と鎧につつまれた両者は、男性のような冷たさと輝きをもち、不思議な深い知恵を感じさせる。この段階のアニマ像としてわざわざ西洋の女神をあげなくとも、我が国の有名な中宮寺の弥勒菩薩像があげられる。

アルカイック・スマイル(*1)と静かで悲しみをたたえている慈悲の表情は見る人の心を打つだろう。これは聖母マリアの示す愛とことなるものと誰もが感じるだろう。また、これをミロのヴィーナスと比べようとは思うまい。この現存する心像の不可思議な魅力はやはり深い知恵のように思える。多くの観音菩薩像が男性のようであれば女性のようでもあり、むしろ女性的であるのは、女神アテネやヴァルキリーが甲冑を身に着けている点と相呼応する。菩薩の笑みにモナ・リザの微笑をうかべたひともいるが、モナ・リザも西洋における、この段階のアニマ表現の一つであると考えられる。

河合氏は第3段階の聖母マリアのようなイメージがわが国ではほとんど発展させられていないにもかかわらず、第4段階のイメージはむしろ西洋よりは日本のほうが多いと考えられると述べている。

以上の4段階のアニマはユングが思弁的に作り出したものではなく、多くの男性の分析の結果による、経験的に生じてできたものである。アニマの像は複雑怪奇であり、簡単に分類されることさえ抵抗を感じるものであるが、実際に夢分析を行った場合、前述の段階を飛び越して発展させることが困難なことを指摘した点に、ユングの功績があると考えられる。そして、この4段階を経たあとにアニマはもはや人間像をとって表現されることなく、一つの機能(function)として、我々の自我を、その心の真の中心である自己に関係づけるものとなる、とユングはいう。

私の以前の主治医は、叡智のアニマの段階に達したのはソクラテスくらいのものであり、アニマとともにペルソナをまず成長させよといった。それが外的社会に対応できない私への慰めなのか、事実なのかわからないが、分析をうけないと、現在今どの段階のアニマであるのか判然としないため、自我を自己に統合するとか、ユングが言う概念的な自己の発展の説明は割愛させていただくつもりである。

(*1) :アルカイク・スマイルアルカイックスマイル、英: Archaic smile)とは古代ギリシアのアルカイク美術の彫像に見られる表情。 紀元前6世紀の第2四半期に例が多い。 顔の感情表現を極力抑えながら、口元だけは微笑みの形を伴っているのが特徴で、これは生命感と幸福感を演出するためのものと見られている。