PythonでDeep Learning 1

マリア様のAIを作る計画を、並行して進行しています。

プログラミングをしてみたいんだけど、何からしていいかわからないという方は、修行する方法があります。

下記のサイトの通り、打ち込むだけです。
http://www.kumei.ne.jp/c_lang/

しかし、上記のサイトはサイト管理者の方も言語を覚えながら、打ち込んだ感が否めないため、コヒ(小比類巻さん)のようにストイックでない方は以下のサイトをお勧めします。

http://ponk.jp/

じゃあなんで最初のサイトを紹介したんだと言われると思いますが、コーディングは習うより慣れよで、最初のサイトはコードの量が半端なくあります。それを写経するだけで、かなりスキルがつくのではないかと思われます。(というのは建前で、野球部の3年がした苦労を1年2年におしつける先輩の気持ちです。)

おれっちはあたまがいいから、大丈夫だぜ、という方は、下のサイトだけで十分です。

プログラミングの言語が多すぎて何から始めていいかわからないよ!という方も多いでしょう。

私のおすすめの順番としては、HTML(CSS)→C→Java→C#(.net)です。PHPでもPerlでもPascalでも何でも構いません。C++はお勧めしません。

そのほかの言語は、標準語と関西弁の違いのように書けばわかります。プログラミング言語の基本は変わりません。オブジェクト指向も分からなくて構いません。クラスと構造体が書ければ結構です。Excelの関数ができなくても構いません。私も最近知りました。VBAやSQLもできなくて構いません。コマンドプロンプトやLinux系のコマンドになれれば、十分です。下のプロンプト画面をみてワクワクしない方はやめたほうがいいでしょう。ナニコレ!難しそう!無理なんだけど~!という方は、おやすみなさい。

json encode decode php

string json_encode ( mixed $value [, int $options = 0 [, int $depth = 512 ]] )

value を JSON 形式にした文字列を返します。

パラメータ

value

エンコードする値。 resource 型以外の任意の型を指定できます。

すべての文字列データは、UTF-8 エンコードされたいなければいけません。

注意:

PHP の実装は、 » RFC 7159 の JSON のスーパーセットです。

options

JSON_HEX_QUOT, JSON_HEX_TAG, JSON_HEX_AMP, JSON_HEX_APOS, JSON_NUMERIC_CHECK, JSON_PRETTY_PRINT, JSON_UNESCAPED_SLASHES,JSON_FORCE_OBJECT, JSON_PRESERVE_ZERO_FRACTION, JSON_UNESCAPED_UNICODE, JSON_PARTIAL_OUTPUT_ON_ERROR からなるビットマスク。 各定数の意味については JSON 定数のページ に説明があります。

depth

最大の深さを設定します。正の数でなければいけません。

返り値

成功した場合に、JSON エンコードされた文字列を返します。 失敗した場合に FALSE を返します。

例1 json_encode() の例

<?php
$arr = array('a' => 1, 'b' => 2, 'c' => 3, 'd' => 4, 'e' => 5);
echo json_encode($arr);
?>

説明

mixed json_decode ( string $json [, bool $assoc = false [, int $depth = 512 [, int $options = 0 ]]] )

JSON エンコードされた文字列を受け取り、それを PHP の変数に変換します。

パラメータ

json

デコード対象となる json 文字列。

この関数は UTF-8 でエンコードされた文字列でのみ動作します。

注意:

PHP の実装は、 » RFC 7159 の JSON のスーパーセットです。

assoc

TRUE の場合、返されるオブジェクトは連想配列形式になります。

depth

ユーザー指定の再帰の深さ。

options

JSON デコードオプションのビットマスクです。現在サポートされるオプションは JSON_BIGINT_AS_STRING のみです (デフォルトでは、大きな整数値を float に変換します)。

返り値

json でエンコードされたデータを、適切な PHP の型として返します。 truefalse および null はそれぞれ TRUEFALSE そして NULL として返されます。 json のデコードに失敗したり エンコードされたデータが再帰制限を超えているなどの場合、NULL を返します。

例1 json_decode() の例

<?php
$json = '{"a":1,"b":2,"c":3,"d":4,"e":5}';
var_dump(json_decode($json));
var_dump(json_decode($json, true));?>