皮膚科の先生ヤハウェ

私の近所の皮膚科に奇妙な診療所がある。医師は一人で、年のころ40代半ば、あるいは50代前半だろうか、女性である。その診療所だけ、治外法権の女性医師による独裁国家である。

私の場合だけつらく当たることは考えられないので、男性患者及び、医療事務、クラーク、薬剤師には同様の傲慢さで応対していると思われる。私は自分の醜い手にはあまり関心がないので、「手はどうですか?」という問いに対して、「大して変わらないですね」と回答すると、ヒステリーを起こした。「治ってるじゃないの!そういういい方されると傷つくのよ!」と言う。なるほど、医師も傷つくらしい。

そういえば、私も傲慢な態度でよく人を傷つけていたような気がする。私の影の鏡をみているようである。これは投影の良い対象であるが、病院を変えたいと思ったことは言うまでもない。しかし、今後は誰に対しても、言葉を慎重に選ばなければならないと考えるきっかけを与えてくれたことは感謝である。

聖書のヨブ記には、ヤハウェの理不尽で破壊的ともいえる虐めに耐えて、ヨブの信仰心がついに神を折れさせる話が語られている。ユングのヨブ記への回答の一節には、ヨブ記におけるヤハウェは全知全能であるが故に、信仰の対象でなくなることを恐怖したとする。サタンはヤハウェの影のように、ヤハウェに対して賭けを持ちかける。「ヨブの厚い信仰も過酷な運命に屈しては、捨ててしまうのではないか?」
ヤハウェはそれから、ヨブを虐げ続けるが、ヤハウェにヨブは神が自分の目の前に顕現したことで、神を知り、神が慈愛に満ちて、完璧な存在でないことを知りながらも、信仰心を捨てず、ヤハウェの傲慢な質問に対して、ヨブは叡智に満ちた回答を続けた。ユングは全能なる神に対して叡智が勝利したとしている。

ヨブ記には有名な次の一節がある。

「これは何者か。
知識もないのに、言葉を重ねて
神の経論を暗くするとは」
そのとおりです。
わたしには理解できず、わたしの知識を超えた
驚くべき御業をあげつらっておりました。
「聞け、わたしがはなす。
おまえに尋ねる。私に答えてみよ」
あなたのことを、耳にしてはおりました。
しかし今、この目であなたを仰ぎ見ます。
それゆえ、私は塵と灰に伏し、
自分を退け、悔い改めます。

すなわち、神は正義など欲しはしない。ただ力を誇示するのみである。ヨブは神を道徳的存在として敬っていたので、そのことを考えに入れられなかった。
ヨブは神の力を疑ったことはないが、それと同じように、神の正義も望んでいた。しかし、ヨブは神の矛盾した性格に気付いた時、既にこの過ちを撤回し、神の正義と善の収まる場を設ける。

ヤハウェは灰にまみれ、陶片で腫物を掻く虫けらのようなヨブに高らかに力を誇示するが、人間の限界を超えた暴力を受けたヨブにそんなことをする必要はない。ヤハウェが自身の全能と偉大さを強調するその激しさは、ヨブとのかかわりでは無意味なことだ。ヤハウェが恐れているのは、ヤハウェの全能を疑う聴衆である。ヤハウェは自分が最も嫌いな神の懐疑者の顔をヨブに投影している。しかし、この懐疑者の顔はヤハウェ自身である。
ヤハウェは大洪水のように非合理的な振る舞いをするかと思えば、次の瞬間には、愛され、称賛され、尊敬され、崇められ、義をたたえられることを望む。
一方で、自分の行動が、自分の道徳規範の項目に反していても、全く意に介さない。
ユングは以下のようにヤハウェを評する。

「いかなる倫理的法則にも従わない、支配できない、残酷な自然の諸力すべての創造者、それが私だ。私自身も非道徳的な自然の力の一部であり、自分自身の背後(影)をみることができない、純粋に現象するだけの人格なのだ。

これはヨブにとっても、道徳的な満足のひとつである。人間はその無力さにもかかわらず、神自身よりも上位の裁判官の役にまで引き上げられるからである。

傲慢な上司、政治家、親などいくらでもこのような似た例はあげられるであろう。暴君に対しては、服従と従順を示し、叡智をもってこえるしかない。
皮膚科のババアは皮膚科だからって皮膚のことだけ見ればいいってもんじゃないんだけどとはいいたいが、これも試練である。もしかしたら、悪役を無理に演じているのかもしれない。
その可能性は0に近いが、私の病症が改善しているのは間違いない。

心理テクニック 3 Low ball

一万円分の商品が入った福袋が千円だったり、閉店セールをして明日にはシャッターを開けて普通に商売をしている事例をよくみかけることができる。

福袋の中の商品は、大抵売れ残りであり、たまにいいものを混ぜることでお得感を演出し、閉店セールは限定感(hard to get)を演出して、客に買わせる。さらにそのセール品は2,3回洗濯しただけでボロボロになる本当の安物である。

(嘘は嘘の中に少しの真実を混ぜると信憑性が増す。by富樫氏か誰かの何かの漫画)

セールの安いものや福袋を買うと、獲物をしとめたかのような満足感が得られるが、実際は安物買いの銭失いになることが多い。Levi’sのジーンズを買いに行ったのにLeeのジーンズしかなかったら、その人は帰るだろうが、Levi’sのジーンズが“入っているかもしれない福袋”にLeeのジーンズが入っていたら、その人は奇妙なことに納得するのである。「セール」→「たやすく、獲物をしとめられる。(と購買者は思っている)」→「買った。得をした。自分の賢さが証明された」という単純な思考回路をたどる。

相手が受け取りやすい球を投げて、本当に投げたかった変化球をなげる。これが、Low ballと呼ばれるテクニックである。前回、宗教の勧誘の男性の奇妙なバラの例を挙げたが、あれがバラではなくて、革のアクセサリーや、万年筆、本の栞(それこそバラの栞)であったらもらったかもしれない。

人はいったんよじ登った木から降りるのにためらいを感じる。それは自分がすでに行ってしまったことの間違いや恥ずかしさ、くやしさ、一からやり直すのが面倒などということからきている。このまま行っても不利な条件になることがわかっていても、なかなか後戻りができない。

これは、株やギャンブル依存症の心理によくみられる。

ある詐欺に近い例をあげると、店頭でとても良い車が安い値段で展示されているのを見て男性が店に入ると、新人らしき女性が応対して、男性がサインをすると、インクが渇かないうちに書類を奥に持っていく。そして、女性は男性に告げる。「すみません。私の手違いで、あれはオプションがついていない金額なんです。オプションがつくと、〇〇〇万円になります。」と相場通りの値段を告げる。仕方なく、男性は購入し、相場通りだしまあいいや。女性もかわいいから許そうとなるのだが、実際この女性はミスなどしていなく、すべて店側の戦略的な演技である。
こういう例は、風俗店やキャバクラによく見られ、”3000円から”だとか、”1万円ポッキリ”とかそういうのは全てローボールで、実際はもっとぼられる。
同様の例として、修理代無料、送料無料、おまけつき、(2年間契約で途中で解約すると多額の違約金が発生するが)、他社より安い!。1万円キャッシュバック!(ただし、現金ではなく、使用目的が限られるポイント)などがあげられる。

人は一回決定した約束に対して責任を感じてしまうため、受けやすい低い球をキャッチした段階で、次の予期せぬ変化球にも責任を取ろうとしてしまうのである。

しかも、前回の記述の(あっ!)だとか、新人の女性のミスだとか、相手も想定外であるとこちらが判断してしまうと、この罠にはまるケースが多い。

Low ballのテクニックは、無意識のうちに、使っているケースが多い。恋愛において、自分の知られたくない秘密を黙ってつきあって、あとからばれるパターンは多い。「”ちょっとだけ、30分くらい”残業いいかな?」という上司の命令が、1時間、2時間になることも多い。(この場合、上司の問題もあるが)前回、前々回のテクニックと違って、汚いテクニックであるがゆえに効果も高い。他の2つと違って、冷静でなくては対応できない。

僕の家にかわいい猫がいるんだと言っておいて、女性が遊びに来る日には”なぜか”予防接種でいなかったり、ゲームソフトやゲーム機を借りたまま、卒業の日や引っ越しの日を迎え、音信不通になったりする。

以上3つが、詐欺まがいの心理テクニックである。相手の行動を鏡写しで真似をするミラーリングや、占い師があなたのおとうさんはしんでいない(死んでもういない、と死んでいないのダブルミーニング)ですね。といって当たっていると驚かすコールドリーディング。如何様にもとれるスピリチュアルカウンセリング、このようなダーティな手法を連続していると、良心の呵責に耐えかねて、かずこちゃん(仮名)みたいにヘアヌード写真集を出して消えてしまいます。

心理テクニック 2 Door in the face

これも、簡単な技術である。

人間は、たとえ法外で、理不尽な要求であったとしても、「断る」と必ず「罪悪感」をもってしまう。理屈ではなく、自動的にそうなる。
人間は断り続けることはできない。2,3回断ったとしても、その都度、罪悪感が高まる。これほど不快なことはない。「こんなに嫌な気分になるのなら、いっそ譲歩して相手に気に入られたほうが・・・」と考える。

無実の罪で捕まった人が、密室で不良刑事に吐けコノヤローと、何度も何度もいわれると、やってもいないのに自白してしまうことがある。NETFLIXの殺人者への道でもそういう一例がみられる。(あれは、ドキュメンタリーであるが、あの血族が”ほんとうにやったのか?”という真偽は不明である。”甥の少年”については無実の可能性が限りなく高いビデオが提出されている。)

実践は簡単である。Foot in the door と逆をやればよい。相手が怒らない程度の大きな要請から初めて、目標まで下げていくやり方をすればよい。

金を借りる例であれば、5万円から、1万円にさげればよい。ナンパの例であれば、最初、温泉旅行から提案し、お茶にいこうとすればよい。Door in the faceを使用する注意としては、一回目の要請と二回目の要請に時間が空いてはいけない。時間が空いてしまったあとの要請は、罪悪感による拘束力がなくなってしまうからである。

 

心理テクニック 1 Foot in the door

およそ、心理テクニックと言うものは、素人がする手品やイカサマのようであり、素人相手には使えても、経験の深い大人には通用しない。また、効果期間も短期であり、一回ヤれたとしても、それが限度である。

恋愛に長期的に使える心理テクニックというものがあるとすれば、闇金ウシジマくんにでてくる洗脳くんというナルシストのキモ男がやったように、監禁して、食事を与えず、徐々に洗脳していくタイプの犯罪である。

とはいえ、基本的なサマ(イカサマ)を知っていれば、詐欺の手口はそれの組み合わせでしかないため、詐欺からの自己防衛として有益であるため、基本の3つの説得術をまず、示す。

①Foot in the door (断る自由を奪う)

芸人の『和牛』の漫才で、服屋の店員が嫌いというネタがある。服屋の店員は、マニュアルとして心理テクニックを使用してくる。試着をさせ、ほめて、買わせる。そして、最後には荷物を持って、客を勝たせた気分にさせる。これは心理テクニックの複合技で素晴らしい技術だが、詐欺に近い。

人間は最初の依頼に対しては自由である。断ることも、保留することも、承諾することも自由である。だが、最初の依頼を承諾してしまうと、二番目の依頼からはあなたの自由は奪われている。最初の依頼に拘束され始めるからである。最初の依頼を受け入れたあなたは、二番目の依頼に対して、ある種の「逆らいがたい強制力」を感じ、その力の前に屈服することになる。その強制力は実に巧みにあなたの心のなかに忍び込み、あなたの自由を奪う。 by 心理戦で絶対に負けない本 アスペクト社

これは、3番目、は2番目の依頼に、4番目は3番目の依頼に、連続で呼び出される関数のような効果がある。(すべての効果が一定だとすると、(実際は減衰すると思われる) 4番目の依頼に承諾した場合のの拘束力はf(f(f(f(x))))となる。たとえば 関数f(x)=x*2のとき 4番目の依頼の拘束力は x=10 のとき、f(f(f(f(10)))) = f(f(f(10*2))) = f(f(20*2)) =f(40*2) =80になる)

一般に人間が最終段階で決定することは、すでに選択の自由が失われてしまっていることが多い。(「ハンター×ハンター」の不自由な二択が有名だろう。「銀と金」の二者択一の必勝法は両方が偽というのも思い出される)

最初の決定が呼び水になって、そのあとの行動は大体方向づけられている。親の教育方針を思い出してみればよい。もちろん、ある程度方向づけられているだけで、完全に固定化されて運命づけられているわけではない。最初の現象が人間の心を拘束する現象をコミットメントというらしい。(定かではないが、本に書いてある)

Foot in the door はセールスマンが片足をドアに入れれば、物を売ったも同然という意味から来ている言語である。

「すみません、あなたと性行為がしたいのですが。」という人はいない。
すぐにピーポ君がきてお縄である。映画ビューティフル・マインドでナッシュ均衡を考えた天才ジョン・ナッシュはバーで女性に対して実際に言っていたが。
(後にビンタされる)

「すみません、もしお時間があるようでしたら、一緒にすこしお話でもしませんか」→「少しのどが渇いたので、おちゃにしませんか」→「おいしいお店をしっているので食事をしませんか」…(wait)…「一緒にお酒を飲みませんか?」→「少しどこかで休みませんか」→💗となる。

実践は簡単である。最初に小さな要求からはじめて、最終目標まで釣り上げれば良い。途中で失敗しても、こちらにリスクはない。

例:1万円を友人に借りる場合

あなた「ごめん、かなり生活費が苦しいんだ。3千円貸してくれない?」
相手「いいよ、そのくらいだったら」
あなた「ありがとう。あっ!何かあるといけないから5千円、
念のため一万円いいかな?」

(ここはあっ!が実は重要なポイントである。)

もちろん、連続する依頼または要求に差がありすぎてはいけない。3千円からスタートして30万円かりることはできない。最初の依頼にこちらから相手に金を払ってはいけない。子どもに1時間勉強させるつもりで、10分間最初に勉強させる場合、10分間勉強させたことに対して、小遣いをあげては、相手は買収された感じがして、いやな気分になるし、最終的な報酬も高くなってしまう。

対処法は簡単である。最初の依頼を断ること。もし受けてしまった場合は、連続する依頼を見抜いて拒絶するくらい断ること。知っていればほとんど引っかからない技術である。

宗教の勧誘と心理テクニック

先日病院をでると、日系ブラジル人の男性に声をかけられた。
その男性は、赤いバラを2本もっていて、こういう。

「あなた、このバラをあげます。一本持てば、あなたの、健康、病気、恋愛、家庭の悩みが全部きえまーす。」

私は笑って相手にしないと、続ける。

「ためしに、持ってください。もってバラを家においてくれればいい。捨ててもいい。バラを持ってから7日間以内に必ず何か変化がおきます。そしてあなたは必ず教会に来ます。」

ああ、こんなくそみてーなバラで、全部お前みたいなやつ、きえたらいいのにな とか思って、ヘッというと、しっぽを出した男性は「ではパンフレットだけでも」と引き下がる。それでも私は笑って、キリスト様がいたら、きっと嘆くだろう。と思った。

この男性は、心理テクニックを数個つかっていて、どれもお粗末なため、笑い話にしかならないが、(普通の人も引っかからないレベルだろう。)一つ一つ解説してみる。

まず、バラを2本だけしかもっていないことに注目してほしい。キリスト教なら、人間全員をもれなく救いたいはずであり、バラの数は2本では絶対に足りないはずである。ではなぜ2本なのか、これは限定品の効果と同じであり、ナイキのバスケットシューズやGショック、お一人様2つまでの半額セールのパンと変わらない効果である。
この心理テクニックをhard to get(手に入れるのが難しい)テクニックと呼称される。

次にバラを持つことを進められる。(ここがお粗末なのだが)
バラを持って7日間以内に何かが起きる、そしたらあなたはキリストを信じるだろう。とする。
7日間、何もおきない可能性は限りなく0に近い、しかも、バラに何らかの仕掛けがあることは明白である。このテクニックはLow Ball Technique とよばれる、最初の要求で取りやすい球をなげて、次の要求で、いきなり変化球をなげるテクニックである。
この男性がお粗末である理由は、バラを街中で持ち、なおかつ持って帰ることは、決して取りやすい球でないからである。しかも、このテクニックは最初の要求が通らないと、次の要求は基本的にはしてはいけない。さらに、最終目的が教会に来る=キリスト教系宗教への入信であることをばらしてしまう。いきなり種明かしをしては、せっかくのバラも効果がない。ここでこの男性はミスをしすぎているため、普通の人でもひっかからないのである。

しかし、フォローをすると、最後の「せめてパンフレットだけでも」は効果的である。私が心理テクニックをしらないお人好しだったら、受け取っていたかもしれない。これは、Door in the face Techniqueと呼ばれる、人間は最初の依頼や要求に対しては自由であるが、最初の要求を断った時点で、罪悪感が生れる。そして、次の低めの要求は割と通ることが多い。(Ex.告白を断った女性が、罪悪感を感じ、その男性の2番目の要求、(心理テクニックからすると本来の要求)、お友達からでもを軽くうけてしまう。)

さらに、私が病院から出てきた時に声をかけたことは、緊張が弛緩した状態を狙った、時機的には最高のタイミングである。私が世界の終わりみたいな不幸そうな顔をしていたのも、男性にとってはカモにみえただろう。わざと、たどたどしい日本語を使って、相手に優越感をあたえようとしているのも(アグネス・チャン)高度な心理テクニックである。

心理戦では、パンツをおろした時をねらうのが一番効果的である。なぜなら、普段のまともな判断能力がないからである。風俗業界でよくある話だ。また、相手が勝ったようにみせかけておいて、実利をこちらが得ることが肝要である。「さすが、お目が高い。あなたにだけ特別この金額で売ります。利益ないですよ。いやまいったな。」というようなやつ(実際は十分思った通りの利益がある)である。

以上、たくさんの心理テクニックが散りばめられていることがわかるが、キリスト教信者ならば、バラなどに頼らずに、隣人愛のみで勝負すべきであり、教会にこさせようとすることなど、本来はしないはずである(キリストは神殿にくることが決して許されなかった、穢れた職業の人間や、病人に対して、歯が浮くような神の教えと食物を与え、病人には感染を恐れず、看病した。神殿や教会は重要視しなかったことは聖書を読めばわかる。)先輩のライブのチケットを売りさばく、ヤンキーとなんら変わらない行為をさせている教会に誰が行くのだろうか。