精神医学における心理学の無意味性

精神病患者はつまるところ脳の病気であって、
認知科学や心理学などほとんど意味がないと患者の一人である私は考えている。
全てが親の抑圧による、変形であるとか、性の抑圧による障害だとか、
太陽の陰茎が風に揺れている夢が、どこかの部族の信仰と一致したとか、
そんな理論を並べ立ててもまるで意味がない。

僕のこの目ん玉は
人の心の裏側を覗き込むためでなく、
自分自身と正面から向き合うためにあるんだ。
たとえそれがどんなに
情けない自分であろうとも

これが人生であり、どうしようもない最悪な逆境でも
牌を自模るしかないし、走りださないといけない。

社会システムの限界

サツマイモ大統領が北と手を結べば、
共産主義の中露が資本主義の日米の喉元にナイフを突き立てる事態になることは
容易に予測できることである。
関西圏に在日朝鮮人の部落があることや、血の気が多いことは
スリーパーセルなどと脅しをかけなくても、
神戸新聞を見れば、残虐な記事が毎度起きていることがわかる。

それを大阪をはじめとして州制を導入しようとするのは無理がある。
ここは部落だからと、治安をわざとはっきりと悪化させることに
大阪の市民は反対したのだ。

水に流す、有耶無耶にするのは日本人の美徳だが、人間が1億いる以上、
思想差は否めない。

東京は雪が降ると電車が止まるが、上越新幹線は風が吹くと電車が止まるという。
その理由は、途中に橋があって、列車が落下するかもしれないからだという。
そして、橋の両脇には落下防止柵がないという。

似たような話が中国になかっただろうか?
国が巨大になると、中枢都市以外の地方都市の扱いはぞんざいになる。
それが共産主義、社会主義の限界である。
民主主義は最低だが、一番ましなのは国民の多数派の声が、
政治に反映されるからである。(かといって、国民全員がわがままを言うようでは、話にならないのだが)

韓国はハン(妬み)の国と、武田鉄矢が力説していたことがあったが、
それは間違いないだろう。そして、その血の気の多さと執拗さをもつ軍隊は、
フェアプレイを愛する日本軍よりおそらく強いだろう。

快楽主義と平均化そして国家の消失

大きな独裁国家はさておき、人間が全員快楽を追及するようになった時、
室内の温度が一定になるように、
人間の資本や人気や地位は平均化にむかうはずである。
それをするのは週刊誌であるかもしれないし、マスメディアかもしれないし、
カリスマかもしれない。
ある精神科医は赤ん坊が生まれて初めて泣くのは、不快だからであるからという。
胎内が快であったのに、外界に出た途端不快にまみれて泣くのだという。

人間は社会、および国家に対して、真摯であることより利益を求め始めた。
嘘をついてもいいから、自分にとって利益のあることを求め始めた。
韓国はすでにそうなっていて、大統領はもはや傀儡といっていい。
言っていることが二転三転しても、支持率は高い。
国民感情安定法のようなものがある国では、仕方がないのかもしれない。

慰安婦慰安婦と叫んでいるのに、ベトナム戦争でベトナム人女性を犯して
できた子供ライダイハンについては何もしらないのだろうか?
恥を知らないのだろうか?
10億円を日本に返したうえで、ベトナムに10億返したらどうか?

飯と石油が欲しい北朝鮮と、米朝中の板挟みを解除したい韓国は利潤を追求する。国家の意義を無視して、利潤のみを求めたのだ。

個の快楽を追及すると、もはや金をもらうための労働は意味を持たなくなる。
獣の欲求を満たすために戦争や、人殺し、無差別殺戮がはじまるだろう。

それを止めるのは、若者の情熱以外ない。

しつこさと一生懸命

一生懸命はダサい風潮や、しつけぇとか言われても気にしないでここまで来た。
社会に私の椅子は無かったかもしれないが、意地で12の戦闘シーンが完成した。

 

中央集権化と地方切り捨て及び慰安婦像

東日本大震災で、原発がメルトダウンしたとき、関東地方では段階的な停電を行った。この時間は夜であろうが、昼であろうが東京以外は停電するというものである。東京電力は民間企業であるが、インフラ会社であるため国とつながっているのは間違いない。実際、主要企業と東京市民を優先した。

斯様に中央集権化は昔からあることだが、最近加速度的に進んでいる。自民党の安倍総理が、国民に人気の割合が高い松本人志氏や橋本徹氏を囲い込みに行っている。
朝日新聞の肩を持つつもりはさらさらないが、籠池夫妻と仲良く写真に写っている安倍昭惠夫人は何のお咎めもなく、籠池夫妻は年末留置所で過ごしている。

自民党の一極集中型の中央集権化が進むと、官僚と世襲の政治家により政治が腐敗する。相撲協会が好例である。経済のための政治になっており、国民のための政治ではない。国民の政治家への不信と貧窮から、国民は自らの利益のために投票するようになる。政治家もきれいごとを言わなくなってきた。民主党はなにかやりそうな期待だけをもたせる雲の集団で、実体を伴わない親の金だけを持った集団であることが露呈し、名前を変えつつ、雲散霧消した。2大政党制の復活を望んでいるわけではない。能力の高い人間がより良い椅子に座るのは当然である。しかし、「従軍慰安婦が必要であった。」と最大の発言ミスをした橋本徹氏を抱える自民党は何を考えているのか。従軍慰安婦は確かに道徳的によくないことだが、韓国でもベトナム兵にしている事実があるし、北朝鮮では性の上納をしている。それを無視して、我々は被害者であって、日本は敵であるとする。さらに汚い像を世界に建てることで、日本人が汚い民族であるという印象を与える。金だけ取って日韓合意を反故にする国のことは忘れられ、日本人が汚い民族であるという印象だけのこる。日本人はユダヤ人のように強い血縁関係もないし、減少して、いなくなるかもしれない民族であるから、生き残りたい韓国の戦略はよいのかもしれないが、北朝鮮の矛先が日本に向いている最中に、調子に乗って竹島の挑発行為に来た文大統領には怒りを禁じえないし、それを報道しないマスコミと、海上保安庁と海上自衛隊のリスクが高まっているのに抗議活動もまるでしない自民党も同様である。

追記:28日夜 安倍首相は冬季オリンピックの辞退を予告した。これは評価したい。