啓蒙+2

新薬のレキサルティが僕の啓蒙を増やす。
レキサルティは幻覚・妄想状態、鬱状態を改善するものだ。

その有難い新薬のおかげで周りが見えてきた。

まず、僕は電車の前方車両にいる変なおじさんにすぎないということだ。
前方車両にいる変なおじさんは奇異な目で見られるだけで、希望や夢を持ったりしない。

次にわかったことは僕は病人にすぎないということだ。病院にいる人間は愛だの恋だのに悩んでいる暇はない。

職場で上司に手をあげるのがナースコールを押す病人みたいだ。今日は誰とも話したくなかった。

病状はよくなっているのか悪くなっているのか分からない。

白髪が増えてきた

白髪が増えてきた。
山本KIDは42歳くらいで死んだと思うが、
僕もそのくらいで亡くなりたい。

僕の病気は被害妄想や鬱の他に幻聴があるし、
アトピーで体中が痛い。

作業所で50代くらいのおっさんが一人でかっぱえびせんをずっと食っていた。
僕はそうなりたくないが、なるんだろうか。

いつもいい匂いのするKさんが今日はちょっと忙しくて機嫌が悪そうだった。Kさんは結婚している人未満じゃない人だ。僕たちみたいなクズのことをどう思っているんだろうか。今度聞いてみたい。

診断名-できそこない

人未満と診断された。
僕はみんなみたいにシャツを綺麗に着ることができない。
靴も綺麗にはけない。

電車に乗っているとぐらぐらする。
僕は子供のころ当然彼女ができると思っていたが、
こんなんではだめだね。

I先生は一人救うのも百人救うのも同じ価値があると言ったが、
一人も救えない僕はやはり価値がないんだろうか。

アプリで会った女に金をしこたまとられた。今思えば不自然な点が多すぎた。
チュパカブラみたいな顔の女だった。ディズニーシーに行く約束をしていたが、
今のところ連絡は来ていない。助かった。

B型作業所で働いている僕からしたら映画のチケットだけでも痛いのにチュパカブラは寿司や焼き肉を喰った。今思えば神様が僕には彼女なんてできないよと教えてくれたのかもしれなかった。

自分がクズだとわかって今は割と病状が安定している。作業所の皆も自分はクズだと認識しているのだろうか。努力してA型にいくか、このまま現状を維持したい。