白髪が増えてきた

白髪が増えてきた。
山本KIDは42歳くらいで死んだと思うが、
僕もそのくらいで亡くなりたい。

僕の病気は被害妄想や鬱の他に幻聴があるし、
アトピーで体中が痛い。

作業所で50代くらいのおっさんが一人でかっぱえびせんをずっと食っていた。
僕はそうなりたくないが、なるんだろうか。

いつもいい匂いのするKさんが今日はちょっと忙しくて機嫌が悪そうだった。Kさんは結婚している人未満じゃない人だ。僕たちみたいなクズのことをどう思っているんだろうか。今度聞いてみたい。

診断名-できそこない

人未満と診断された。
僕はみんなみたいにシャツを綺麗に着ることができない。
靴も綺麗にはけない。

電車に乗っているとぐらぐらする。
僕は子供のころ当然彼女ができると思っていたが、
こんなんではだめだね。

I先生は一人救うのも百人救うのも同じ価値があると言ったが、
一人も救えない僕はやはり価値がないんだろうか。

アプリで会った女に金をしこたまとられた。今思えば不自然な点が多すぎた。
チュパカブラみたいな顔の女だった。ディズニーシーに行く約束をしていたが、
今のところ連絡は来ていない。助かった。

B型作業所で働いている僕からしたら映画のチケットだけでも痛いのにチュパカブラは寿司や焼き肉を喰った。今思えば神様が僕には彼女なんてできないよと教えてくれたのかもしれなかった。

自分がクズだとわかって今は割と病状が安定している。作業所の皆も自分はクズだと認識しているのだろうか。努力してA型にいくか、このまま現状を維持したい。

無題

僕は絵が描けなかったので、絵が描ける友達を探していた。
理由はゲームをつくるためだ。
同級生の村田はロボットの絵がうまかったから、僕は村田と友達になろうとした。
村田はバイトがあったから、それが終わるまで待つことにした。

ゲームがつくりたいことを村田に話したところ、ヤバイ仕事をやってくれればやってくれることになった。反社会組織のPCのハッキングだった。

村田の悪いお友達がそろった部室で僕は羽交い絞めにされた。
中国からきた留学生が不慣れな日本語で黒板に文字を書いていく。
その場の雰囲気にあわない美少女が現れ、僕の顔を値踏みした後、出来るかできないか聞いた。まずはトロイのインストールらしいが、指定されたビルへいけとのことだった。