今回の衆院選は無意味

小池氏の大活躍によって、自民党体制の基盤が盤石になった。
小池氏の自民党へのすり寄り方が半端ない。
希望の党は対抗勢力としての2大政党制の復活ではなく、過半数に届かない自民党の補完勢力になるための戦いになっていて、すでに希望と自民で勝ちが見えている。
解散してから、10日の公示も予想される北朝鮮からの攻撃への対策を国民に示す為であることは明白だ。

立憲民主党や共産党やその他が体制側を上回ることはないから、どこへ投票しても同じである。

希望に入れたくない国民に残された唯一の選択肢は投票所に行かず、投票率を下げることである。
比例ゾンビ制を見直す時が来ている。

浮彫りになってくる日本人至上主義と女性蔑視文化

衆議院が解散する。炎上した議員は当選することはないだろうから、
そのメリットだけはあるが、現在の戦争の危機的状況に解散するのはおかしい。

しかし、これに便乗した小池都知事が希望の党を立ち上げ、有象無象をかき集めて対抗する模様だ。小池氏の言い分は都政を頑張りながら、国政の党代表で総理を目指すが、決して2足のわらじではないとしている。

小池氏は築地移転問題に対して、築地にも豊洲にも残すという妥協案を出した。
現実的な解決策だが、豊洲の地下汚染水が汚い問題や穴が空いている問題はどうなったのか、有耶無耶なままである。

都議会や都政の黒幕問題について暴き、石原元都知事を尋問して、国民の溜飲を下げ一定の成果をあげたが、都民ファーストの会の切り捨て方に対して国民は不信感を募らせた。

ある程度問題はあるが勢いのある彼女に便乗して、最早灰塵とかした民進党は解党して希望の党と合流するという。自分のマニフェストなどどうでもよいから、選挙にうかりたいらしい。国民はそこまでアホではないから、余程自民党に大スキャンダルがない限り、民進党の残党や怪しげな希望の党には票を入れないであろう。

芸能界に例えると、自民党が大手のジャニーズやバーニングの事務所で、他の党はケイダッシュステージやマセキ芸能社である。

自民党の岩盤をとても硬くしたのは、悲しくも民進党と日本の文化である。
日本人は潜在的に在日外国人や女性政治家を叩く傾向にあり、それは天皇制が男系日本人であることに結びついていると考えられる。蓮舫議員が森友や加計などのみを責め、ミサイル危機について何も対策の提案や得意の追及をしなかったことに原因もあるが、仕分けと追及しか能のない外人を党代表にして、サンドバッグにして凌ごうとした民進党の幹部が無能をさらけ出しているのは痛々しかった。

女性優位にするためには、女性が、女性政治家や小池都知事が首相になるために希望の党に投票するのが合理的な判断だが、女性同士は足を引っ張り合う傾向にあるようでそれをしたくないようだ。

希望の党が第一党になって小池首相が誕生することは考えにくいが、第二党になって希望と公明が争うことはありえる。しかし、希望の構成員には民進のほかに公明の2軍もいるから事実上何も変わらないのだが、公明は小池氏のことをよく思っていない為、自民公明共に希望を潰す布陣をとるはずである。希望が第2、第3党になって、公明と喧嘩してまたごちゃごちゃするようなら、大人しくしてほしいのが体制側の本音である。

結果、辻本清美議員と同じような末路をとると思われるのだが、それもよしとしないであろう優雅(だと思っている)な渡り鳥は今度はアメリカにでもいくのだろうか。

ロケットが明らかにしたもの

今まで”なぁなぁ”で誤魔化していたものが、明らかになってきた。
キャプテンアメリカの狙いは、最初から北朝鮮の国際社会からのヘイト増加であり、それに付随する中国、ロシア、韓国、日本の汚さの露呈である。

米首脳はアメリカ本土に弾道ミサイル着弾の可能性など考えてもいないだろう。
世界地図を見れば一目瞭然である。
グアム及び隣国や韓国、日本への着弾は”多少の犠牲”で、北を攻撃する理由付けになるし、日本に当たればドルが上がる。さらに先の国連決議で北を孤立させた為、戦争になれば中国ロシアの表立った後ろ盾はない。石油がなければ戦争はできないため、どんどん先細りする。中露との石油取引や脱北者への非人道的行為がクローズアップされれば、中露にとってもマイナスである。長射程バリスタを持つ平壌という城を攻めるのに、兵糧攻めが一番良いと判断したのだ。日本の狙いはこの兵糧攻めである。北のマスゲームの映像の参加者が減ってきた頃合いが北の終わりであろう。

20170924 18:55

ドット絵を作って、普通のターン制RPGにしようと思ったが、今更コマンド式の個人製作のRPGなど誰もやらないと気付いた。

カード式のゲームにすることにした。システムはもうそろそろ完成する模様。

日本の芸人終了の予感

芸人をリスペクトしていたが、そろそろ終わりが見えてきた。
オフホワイト不倫や当て逃げで叩かれ始めたからである。

テレビは一番金がいい為、サンドバックになるのがわかっているのか、目立ちたがり屋ほぼ全員が出演を目指すのだが、ワイドショーに何故役者崩れとブサイク芸人が看板背負っているのか。

異性にもてたいために芸人になるのに、不倫や、スキャンダルで燃やされるならば、そもそも動機として成立しない。イケメンや美女が話術を磨いて放送作家がつけば、芸人は勝てない。

コンプライアンスが多すぎて、発言が規制される上に、ちょっと国民的運動選手をいじっただけで炎上する。

そもそも、テレビの芸能人の席はもう埋まっていて、新しい芸人が座る椅子はほぼない。脳科学者の「日本のお笑いはレベルが低い」という発言が炎上したのは、芸人のポジションが現在強いからで、笑い以外基本的性能の低い芸人が段々と弱くなっていくと、そういうこともなくなるだろう。ボケとツッコミの漫才、フリとオチ、テンドン、大喜利以外新しいことを作ろうとしない、あるいはできない芸人達はスキャンダルをもみ消すほど堅牢な画面映りのいい美男美女の芸能事務所に淘汰されていくことだろう。