クリップボードにパスワードをコピーするパワーシェルスクリプト

この一行を作ったファイルを仮にpassword.ps1とし、このファイルのショートカット
“password.ps1へのショートカット”を作成する。
ショートカットを右クリック>プロパティ>リンク先の前に以下を追加
powershell -ExecutionPolicy RemoteSigned -File

参考
Powershellを楽に実行してもらうには

小泉純一郎氏の曖昧なエネルギー論

小泉氏は1年前のインタビューで、すべてのエネルギーを原発0とし太陽光発電と風力発電に頼るとした。

まず日本は地震が多く雨の多い国である。ソーラーパネルを敷設しても地震と津波のリスクと発電するエネルギーと釣り合わないであろうと考えられる。次に風力発電であるが、洋上に大量の風車を配置するとエネルギーは確かに大量に得られるが、大量の風車に自然風が抵抗を受けるため、世界の気候が乱れ、風車が破損するリスクが高いという予測が立てられている。またバイオマス発電は資源の調達に難がある以前に発電機構は石油を使った火力発電と同じである。(何かを燃やして、水蒸気でタービンを回す発電方式)

一番効率が良いのは水力発電と原子力発電である。水力発電はなにもせずとも位置エネルギーを運動エネルギーに変えるだけでよい。原子力発電は臨界に達すれば、もんじゅ爆発さえ起きない限り、追加資源を必要としない。

ここで、日本のエネルギー全体の生産量を従業員が4人の組み立て工場の生産量として考えてみた時に、ある一人(水力)は無給で働くが生産数が少ない。ある一人(原子力)は一番生産数が多いが、キレると工場を破壊する、また彼は重度のヘビースモーカーである。ある一人(火力)は生産数は普通だが給料が高い。ある一人(風力、太陽光)は生産数が少なく真面目だが、給料がとても高い。

この工場を最適効率で回すにはどうしたらよいか?まず水力君はずっと動かすのは明白である。だがそれでは納品数(日本全体の必要エネルギー量)に間に合わない。原子力君をクビにして火力君と自然君だけで回そうとすると工場自体が赤字になる。(税金が増える)

原発0は聞こえはよい。じゃあ原発を0にするから、税金を上げますというと全員が黙るはずである。対案をだしてほしい。原発があるのは一番エネルギーを使う東京にはない。以下が原発の場所である。

東海がメルトダウンなどの大事故を起こさない限り、東京がダメージを受けないようになっている。(東海も一基のみである)コメの生産地も避けているようにみえる。

原発0だ、臨界事故がおきた、核廃棄物はどうするんだと山本太郎議員のように騒ぐのは簡単である。だがそれならば対案を出してほしい。山本議員は福島の臨界事故が起きた場所に住んでいるのか?太陽は中心核の熱核融合によってエネルギーを生み出している。ならば核融合炉に研究が行くのは自然である。

現存する危険すぎる原子力発電所を停止するのは条件付きで賛成である。停止分のエネルギーを原発0論者が買ってくれれば。

自然エネルギーばんざいなどと、国民が知らないのをよいことに意味のない希望をもたせるのはやめてほしい。そしてそれは現実的な正義とは言えない。

日本の人口が2000万人程度に落ち着けばそれもよかろうが、そのころには中国の領土になっているだろう。

次の椅子 小泉進次郎氏とは?

内閣の支持率低下(厳密にいえば安倍総理の信頼度低下)が止まらない。
入院している拉致被害者の横田滋氏の見舞いを急に行きだしたのは、誰がどう見ても
遅すぎる点数稼ぎである。そもそも拉致被害者は横田めぐみさんだけではなく、横田さんだけ救えば良い話ではない。被害者の横田さんは旗頭のイメージが強いため、政治的カードとして使われてしまったことを、横田夫妻はすぐに気づかなかったのだろうか?

安倍総理は著書「美しい国へ」で勝海舟に憧れているとしたが、妻を含めた仲間は全員総理の足を引っ張り、なぜごり押ししていたのか分からない稲田朋美は失脚した。

日本テレビネットワークの次回の総理は誰が良いかアンケートでは、小泉進次郎氏が1位、2位が石破茂氏である。国民は小泉進次郎氏が無党派と信じて、石破派であることは知らないであろう。石破氏が右すぎるためと、閉塞した政局を打開してほしいとの一念で小泉氏を推しているのだと考えられる。

進次郎氏の学歴に詐称がなければ、名門コロンビア大学の修士課程を卒業している。
文面通り受け止めれば、関東学院大学4年間時に凄まじい勉強をしたと考えられる。
進次郎氏は、右の4人の1人と言われているが、老人の偏重保護政策に批判的で、財務省と親和的である。かいつまんで言えば、教育を無償化し老人の年金を下げ、医療進化によって元気になった老人は働いたらよいではないかという政策を展開している。すなわち働けない老人と子供のいない人間達は切り捨てよということである。

では若い人間は進次郎氏に投票するだろうか?顔が良いから、親の人気が高いからという理由で票を集めるかもしれない。しかし圧倒的に30台40台~80代の投票率のほうが高く、進次郎氏に投票した場合老後が不安定になることはありうる。何故なら進次郎氏は父親同様簡単に意見は変えないだろうからである。(もちろん石破氏の強硬武装派が良いわけではない。)

進次郎氏の目玉政策は「こども保険」である。彼の政策は社会保険料の配分を高齢者より子供の量を多くして、教育を無償化するというものである。さらに子供のいない人、高齢者からの反発を生むだろうから、結果的に消費税は増税されるだろう。彼は日本を維持するために、こどもをダシにして増税しようとしている。このスキーム自体は間違いとは言えない。ただ歩けない老人、ただ死が来るのを待っている老人は、人生が終わろうとしている時に彼を支持しないであろう。(彼の政策を嗜好品としてのこども税と呼ぶだろう。)